CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「UVプロテクトミルク」新発売のお知らせ | main | カフェ「両国テラス」 >>
「ベピオゲル」による新しいニキビ治療



ベピオゲル」という新しいニキビ治療薬が国内で初めて保険適応となり、本日(平成27年4月1日)から医療機関で処方できるようになりました。


ベピオゲルに含まれる過酸化ベンゾイル(BPO)には、殺菌作用および角質剥離作用があるため、ニキビ治療に有効であることが確認されています。

過酸化ベンゾイルは、1960年代から欧米諸国におけるニキビ治療薬として使用されてきました。

ところが、国内では今まで過酸化ベンゾイルに対する保険適応が無かったため、使用していたのは自由診療(保険外診療)を行っている美容外科などに限られていたのです。


近年、欧米諸国ではニキビ治療に用いられる抗生剤に対する耐性菌が、大きな問題になっています。

国内においては、今のところ欧米諸国ほど耐性菌が増えているという報告は無く、既存の抗生剤による治療でも十分な効果が期待できます。

しかし、将来的には国内でも耐性菌の問題が浮上してくる可能性が高いと考えられています。


過酸化ベンゾイルは、ニキビの悪化する原因となるアクネ菌に対する毒性を有していますが、抗生剤ではありませんので、耐性菌を心配する必要はありません。

つまり、既存の抗生剤治療で効果のなかったニキビに対して、ベピオゲルは新たな選択肢になると思われます。


過酸化ベンゾイルには、角質剥離作用もあります。

同じように角質剥離作用のあるレチノイド外用薬としては、アダパレンを含有するディフェリンゲルが2008年に登場したことで、抗菌薬ばかりに頼っていた国内のニキビ治療が大きく変化しました。


過酸化ベンゾイルは、海外では妊娠中の女性でも積極的に使用されているようであり、ディフェリンゲルよりも幅広い使用ができるかも知れません。

将来的な耐性菌の問題を回避する意味でも、今回のベピオゲルの登場は、ニキビ治療のスタンダードに変化をもたらしそうです。


なお、体温のある皮膚では心配ありませんが、ベピオゲルが濃い色の衣服や黒い毛髪には付着すると脱色(変色)してしまう可能性があると言われていますので、使用の際はご注意ください。

また、高温では活性が失われる可能性がありますので、25℃以下涼しい所(凍結は避ける)に保管するように心がけてください。
| 院長ブログ | 08:57 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。

長年ニキビに悩んでいる女性です。
これまで、抗菌剤系のお薬を使ってきましたが、
根本的な治癒にはつながりませんでした。

ベピオゲルを吹き出物に試してみたいのですが、
現在、吹き出物跡の色素沈着やシミ改善にハイドロキノンや
APPSを使っています。

過酸化ベンゾイルはハイドロキノンやビタミンCと
相性が悪いと聞いたことがあるのですが、
これらとベピオゲルを一緒に使うことはできないでしょうか?
| moco | 2015/04/13 4:41 PM |
「moco」さんの質問に回答いたします。

過酸化ベンゾイルを使用する際、ハイドロキノンやビタミンCの外用と併用するのが望ましくないという話は、私は聞いたことがありませんでした。

念のために、製造販売元のメーカーや以前から過酸化ベンゾイルの使用に精通している医師にも確認してみました。
しかし、そのような話は聞いたことがなく、特に問題になったことも無いとのことでした。

もし、併用による作用の減弱等が心配であるならば、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル)を先に使用し、皮膚に吸収されるまで少し時間をおいてからハイドロキノンやビタミンCを使用されてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2015/04/14 9:54 PM |
お忙しい中、ご丁寧な回答を頂きありがとうございます!
感激しております!

ネットで調べていたところ、「過酸化ベンゾイルは過酸化物なので、ハイドロキノンのような還元作用をもつ成分と一緒に使うとと、お互いの効果が薄まる」、また、「一緒に使うとかえってシミ(一時的な染色)の原因になったりする」といった情報を目にしましたので、一緒に使えないのか・・・と、ガッカリしていたところでした。

吹き出物も色素沈着やシミも改善していきたいので、併用できるということでしたら嬉しいです!
| moco | 2015/04/15 10:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197515
トラックバック