CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Don't Stop」5 Seconds of Summer | main | 疥癬の新しい外用治療薬 >>
「Fine On The Outside」Priscilla Ahn


Priscilla Ahn(プリシラ・アーン)の「Fine On The Outside」を紹介いたします。


Priscilla Ahn は、フォークソングを中心としたシンガーソングライターです。

生まれも育ちもアメリカですが、韓国人であった母の旧姓(Ahn)で音楽活動を続けています。


彼女は、もともと日本のジブリアニメのファンであり、昨年12月には三鷹の森ジブリ美術館でコンサートを行っていました。

そして、英語の歌詞の曲として初めて、今年のジブリ映画「思い出のマーニー」の主題歌に採用されたのです。


I never had that man friends growing up
(小さい頃から、いつも友達は少ない方だった)
So I learned to be okay with just me
(だから、大丈夫になってしまったの)
Just me, just me, just me
(ひとりでも、ひとりぼっちでも)

And I'll be just fine on the outside
(これからも、蚊帳の外だって大丈夫よ)

Sometimes I feel lost sometimes I'm confused
(でも時々、不安でどうしたら良いか分からなくなって)
Sometimes I find that I'm not alright
(全然大丈夫じゃない時もあって)
And I cry, and I cry, and I cry
(泣いてしまう、泣いてしまうの)



この曲は、学生時代に寂しい思いをしていた経験を思い出し、Priscilla Ahn がソングライターとして自立しようとしていた20歳の頃に書いたものだそうです。

アコースティックギターの音色と彼女の澄んだ歌声によって、少女の繊細な胸の内が見事に表現されていると思います。


Fine On The Outside」は、今年7月に発表された映画の歌集アルバム「Just Know That I Love You(あなたのことが大すき。)」に収録されています。

現在、当クリニックの待合室BGM として使用しています。


| 院長の音楽日記 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197500
トラックバック