CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Fine On The Outside」Priscilla Ahn | main | 「Fancy」Iggy Azalea >>
疥癬の新しい外用治療薬


疥癬の外用治療薬として、初めてピレスロイド系駆虫剤スミスリン ローション」が登場し、先日(平成26年8月22日)から保険適応になりました。

これまでの疥癬治療は、イベルメクチン(ストロメクトール)という飲み薬が中心でしたが、何らかの理由で薬が飲めないという場合には、塗り薬という新たな選択肢が増えたことになります。
ただし、重症の疥癬である角化型疥癬爪疥癬に対する有効性は確認されていません。

スミスリン ローションの有効成分であるフェノトリンは、殺虫剤として市販されているバルサンなどにも含まれており、殺虫作用があります。

スミスリン ローションを塗る際には、1回1本(30g)を使い切り首から足の裏まで(顔を除く全身)の皮膚に塗り残しが無いようにします。
塗った後は、12時間以上経ってからシャワー等で洗い流します。



スミスリン ローションは、連日外用する薬ではなく、1週間隔で使用します。
ヒゼンダニ(疥癬虫)のには薬が効かないと考えられ、卵が3〜5日で孵化することを考慮すると、1週間後に再び塗る必要がある訳です。

つまり、ヒゼンダニ完全に駆除するためには、少なくとも2回の外用治療が必要となります。
その後は、顕微鏡検査などを行い、ヒゼンダニ駆除されたことを確認します。

疥癬における痒みというのは、ヒゼンダニ死骸などに対するアレルギー反応により生じます。
そのため、ヒゼンダニ駆除された後も痒みが継続する場合がありますが、顕微鏡検査にて新たな虫体や虫卵が見つからなければ、駆虫剤であるスミスリン ローションを継続する必要はありません。
| 院長ブログ | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197499
トラックバック