CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Sweet Dreams (Are Made of This)」Eurythmics | main | 「Hot Summer」Monrose >>
虫刺症(蚊刺症)

虫刺症(ちゅうし しょう)」とは、(か)やブユ(蚋)、アブ(虻)などの昆虫に刺されて生じる皮膚炎の総称であり、いわゆる「虫さされ」のことです。
都心で最も多くみられる虫刺症は、(か)によるものであり「蚊刺症(ぶんし しょう)」とも呼ばれます。

は、春から秋にかけて発生し、卵巣発育のためにメスだけが吸血するようになります。
アカイエカなどのイエカ属は、主に夜間に吸血しますが、ヒトスジシマカなどのヤブカ属は、日中でも吸血を行います。

蚊刺症は、主に下腿といった露出部に多くみられます。
ブユなどと比べて刺し口が小さいため、出血することは無く、刺入部も分かりにくいことが多いです。

に刺されると、その直後から痒みを伴う蕁麻疹のような赤みが出現します。
症状が軽ければ、約20分後をピークとして、2時間程度で軽快してしまうこともあります。

しかし、刺された数時間後くらいから痒みを伴う湿疹のような反応を生じ、翌日あるいは翌々日をピークに、水疱(水ぶくれ)などの症状が出現する場合があるので注意が必要です。

最も重症な症状には、蚊刺に対して異常反応を起こす「蚊アレルギー蚊刺過敏症)」と呼ばれるものがあります。
刺された部位が、真っ赤に腫れた後に深い傷(潰瘍)または傷あと(瘢痕)となって残るだけでなく、発熱肝機能障害といった全身症状を生じます。

そもそも虫刺症とは、虫に刺された部位から注入される唾液腺物質などに対するアレルギー反応です。
そのため、同じ地域で同じに刺されても、真っ赤に腫れ上がったり、あまり赤くならなかったり、症状には個人差が大きいのです。

一般的な皮疹の治療には、ステロイドの塗り薬を使用します。
また、痒みが強い場合には、痒み止め(抗ヒスタミン薬)の飲み薬も併用して治療を行います。

ちなみに、市販の虫さされ薬に含まれているステロイドは、マイルドミディアムまでのランク(5段階の分類で2番目に弱い)であることが多いため、強いアレルギー反応を生じてしまう蚊刺症の場合には、治療効果が不十分である可能性があります。

症状が悪化すると、治療に時間がかかったり、色素沈着などが残りやすくなります。
市販薬を使用しても、すぐに症状が改善しないような場合は、早めに皮膚科専門医のいる医療機関を受診することをおすすめします。
| 肌のあれこれ | 12:37 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
院長先生

ご無沙汰しております。
数年前に貴院でお世話になりました。

早速ですが、ステロイドの件で伺います。

4歳の息子がしょっちゅう虫に刺され、赤く腫れてしまいます。
市販の子供用の塗り薬だとなかなか治らないので、皮膚科を受診しました。
その際処方されたのが、デルモベート軟膏とアクアチム軟膏です。
確かにすぐ良くはなります。しかし、あまりにも強いステロイドなので正直不安です。

使用するのは夏場の短期間だけなので、問題ないのでしょうか?
| ぴろこ | 2014/08/07 9:20 AM |
「ぴろこ」さんの質問に回答いたします。

ステロイド外用薬は、あくまで皮疹の重症度によって使い分けるべきです。
しかし、4歳の小児にデルモベート軟膏ほど強力な薬は、私は処方した経験がありません。

必要以上に強力なステロイドを外用していると、皮膚が薄くなるなどの副作用が残ってしまう恐れがありますので、十分に注意してください。

アクアチム軟膏は抗生剤(化膿止め)ですので、基本的には必要ありません。
| 院長 | 2014/08/08 6:16 PM |
院長先生、コメントありがとうございます。
お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。

そうですか、やはりデルモベートは強すぎますか。今は、もう少し弱いベトネベートを処方して貰ってます。

ありがとうございました。
| ぴろこ | 2014/09/01 8:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197495
トラックバック