CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Crying In The Rain」Everly Brothers | main | 「Gente Bonita」Wata >>
家族が「疥癬」と診断されたら


皮膚科を受診し、家族が顕微鏡検査などで「疥癬」と診断された場合注意点について、簡単にまとめてみます。


疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニ疥癬虫)というダニが、皮膚に寄生して生じる症状です。

近年では、ストロメクトールイベルメクチン)という飲み薬保険適応になっているため、こちらが治療の中心になっています。
痒みが強い場合は、痒み止めの飲み薬(抗ヒスタミン薬)も処方されることがあります。

また、塗り薬を処方されている場合は、首から下の全身にくまなく塗る必要があります。
手の指の間外陰部などは、特に念入りに塗っておくと良いでしょう。

患者に薬を塗り終えたら、しっかり手を洗うようにしてください。


通常の疥癬であれば、日常生活において個室に隔離をする必要はありません

しかし、ヒゼンダニが移動して感染する可能性があるため、隣に布団を並べて寝たり、長時間肌に直接触れるようなことは避けなければなりません。
肌に直接触れるタオルなども、一緒に使用しないようにしましょう。

ヒゼンダニ乾燥に弱く、50℃以上の環境に10分以上さらされると死滅すると言われています。
ですから、パジャマなどの衣服やシーツ類の洗濯は、50℃以上のお湯に10分以上浸けてから行うか、乾燥機を使用するのが望ましいと言えます。


一般の家庭で生活している場合には、ほとんど経験することが無いと思いますが、重症の疥癬として「角化型疥癬ノルウェー疥癬)」という病態があります。
皮膚に寄生しているヒゼンダニの数が約10万倍も多いので、感染力に大きな違いがあります。

角化型疥癬の場合は、個室への隔離洗濯物の分別部屋の掃除など、感染の拡大を防ぐために十分な配慮が必要になりますので、担当医から詳しい説明を受けるようにしてください。


上の写真は、住吉皮膚科の入り口にて撮影したものです。
(撮影:住吉孝二
| 院長ブログ | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197448
トラックバック