CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 錦糸町「高はし」 | main | 「Follow Me」Muse >>
「Copacabana (At the Copa)」Barry Manilow


Barry Manilow(バリー・マニロウ)の「Copacabana (At the Copa)」を紹介いたします。

Barry Manilow は、ニューヨーク・ブルックリン出身のユダヤ系アメリカ人です。
歌手としてだけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍しています。

Copacabana」は、もともと映画「Foul Play」に使用された楽曲であり、曲名はブラジル・リオデジャネイロにあるコパカバーナ海岸に由来していたそうです。

しかし、この曲の歌詞を見てみると、ハバナにある「Copacabana」というバーでの出来事が歌われています。


Her name is Lola, she was a showgirl
(彼女はローラ、この店のショーガールだった)
But that was 30 years ago, when they used to have a show
(でも、そこで踊っていたのは30年も前のこと)
Now it's a disco, but not for Lola
(今ではディスコになっているが、彼女にとってはそうじゃない)
Still in the dress she used to wear, faded feathers in her hair
(まだ当時のドレスを着て、色あせた羽根飾りを髪につけている)
She sits there so refined, and drinks herself half-blind
(気取って席に座り、朦朧とするまで酒を飲む)
She lost her youth and she lost her Tony
(彼女は若さもトニーも失い)
Now she's lost her mind
(今でも途方に暮れたまま)

At the Copa (CO!), Copacabana (Copacabana)
(コパ、コパカバーナ)
The hottest spot north of Havana (here)
(ハバナの北で一番ホットな店)
At the Copa (CO!), Copacabana
(コパ、コパカバーナ)
Music and passion were always the fashion
(音楽も情熱も、いつだって流行の先端だった)
At the Copa, don't fall in love
(でも、コパで恋に落ちてはいけないよ)
(Copa) don't fall in love
(恋に落ちてはいけない)
Copacabana
(コパカバーナではね)



ラテン系で楽しいリズムの楽曲ですが、バーテンダーと恋に落ちたローラ(バーの踊り子)の切ない物語が歌われていました。

バーでの事件は30年前の話ということですが、この曲が発表されてから35年が経過しているので、約65年前の出来事ということになります。

もう、ローラには会えないのかも知れませんね。


Copacabana (At the Copa)」は、1978年に発表されたアルバム「Even Now」に収録されています。

| 院長の音楽日記 | 20:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
これは、小学生の頃によく聴きました。当時は、特に洋楽マニアではなくとも知っている洋楽の歌がたくさんあったような記憶があります。決して私が小さい頃からマニアだったのではないと思います。

今回歌詞の内容を初めて知りました。新しい歌を聴くような感覚に陥っています。
| 藤本陽一 | 2013/05/03 3:43 PM |
「藤本陽一」さん、コメントありがとうございます。

私も、リアルタイムであれば小学生になったばかりだと思います。
当時は今ほどメディアが発達していなかったので、ヒット曲といえば年齢や性別を問わず全国共通だったのでしょう。

洋楽は、歌詞が理解できなくても楽しめるし、気に入った楽曲の歌詞を訳してみる楽しみもありますよね。
| 院長 | 2013/05/03 5:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197438
トラックバック