CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Don't You Worry Child」Swedish House Mafia | main | 「I'm Not Dreaming」Elisha La'Verne >>
単純疱疹(口唇ヘルペス)に対する新しい内服治療


先週から、単純疱疹口唇ヘルペス)の新しい治療薬として「ファムビル錠」が保険適応に追加されました。

単純疱疹口唇ヘルペス)に対する内服薬としては「バルトレックス」と「ゾビラックス」だけが保険適応でしたが、今回の適応追加によって選択肢が増えたことになります。

ファムビルは、今までは「帯状疱疹」のみに保険適応があり、バルトレックスと同様に1日6錠で7日間服用していました。

ところが、単純疱疹に対するファムビルの保険適応は1日3錠5日間の服用です。
今まで保険適応として使用してきたバルトレックスが1日2錠で5日間の服用であったことと比較すると、薬価が同等であることから、ファムビルの方が割高ということになります。

これは、バルトレックスの方がファムビルより抗ウイルス作用が強いという表れなのかも知れません。

一般に単純疱疹は、症状の出現から2〜3日後には、ウイルスが減少していると言われています。
つまり、症状の出現から3日以内に抗ウイルス薬を服用しないと、十分な効果が得られませんと考えられます。

実際に海外では、ファムビルを1日に6錠分を1回服用するだけで、十分な発症抑制作用だけでなく、再発抑制効果もあると認められています。

国内では、このような1回のみの服用治療というのは認可されていませんが、従来のバルトレックス内服による治療では頻繁に単純疱疹を繰り返してしまうという方にとっては、新たな適応薬であるファムビルの内服治療を試してみる価値がありそうです。


上の写真は、東京都・目黒川で撮影した桜です。
(撮影:住吉孝二)
| 院長ブログ | 23:58 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
授乳中なのですが、内服しても大丈夫な薬はありますか?
| みぃたろ〜 | 2014/04/03 9:22 PM |
「みぃたろ〜」さんの質問に回答いたします。

ヘルペスの症状が、出産時に子供に感染しては危険であるため、妊娠中でも抗ヘルペスウイルス薬を使用することがよくあります。

授乳中も同様であると考えられますが、バルトレックスもファムビルも乳汁中に移行する可能性が示唆されているため、服用する際には授乳を回避するのが望ましいと言えます。

心配であれば、婦人科の医師とも相談してから服用されてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2014/04/04 11:59 AM |
よく口唇ヘルペスに悩まされていますが、その時は、皮膚科でバルトレックスを処方してもらっていました。

先日、17歳の娘が、初めて口唇ヘルペスが出来ました。その際、処方されたのがファムビル錠でした。
ファムビルとは全く知らなかったので、気になって調べましたら、こちらのブログにたどり着きました。
ところで、今回娘は、ファムビル錠250mgを1日朝晩2回、5日間分いただいたのですが、どこを見ても、ファムビルは1日3回と書かれています。
こちらは先生の間違えでしょうか?
それとも、何か考えがあってか?
あと、バルトレックスでは無かったのも気になって。
週末になってしまい、病院にも聞けず、こちらにお聞きしています。
長文、失礼いたしました。
| あきちん | 2015/06/20 9:10 PM |
「あきちん」さんの質問に回答いたします。

私が処方した訳ではないので詳しい状況は分かりませんが、ファムビルは1日3錠で5日間というのが保険適応として定められた量ですので、処方された医師のミスであろうと予想されます。

高齢者や透析患者などで腎機能の低下がみられる場合以外に、わざわざ減量して処方するというのは通常では考えにくいです。
| 院長 | 2015/06/22 7:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197432
トラックバック