CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Road to Tomorrow」Ken Tyla | main | 「Don't You Worry Child」Swedish House Mafia >>
花粉皮膚炎

今年もスギ花粉が飛散する季節になりました。

花粉」が原因で皮膚炎が悪化するという症状は、以前からアトピー性皮膚炎の患者さんに多くみられていました。
ところが、アトピー性皮膚炎既往あるいは自覚が無いという方にも、ここ数年で「花粉皮膚炎」と呼ばれる症状が徐々に増えてきているようです。

そもそも「花粉皮膚炎」という病名が、正式な病名として定着するかどうか分かりませんが、多くの人に共通してみられる症状について紹介してみます。


一般に「花粉症」といえば、鼻炎)や結膜炎)の症状ですが、顔の皮膚に痒み(湿疹)を生じる場合もあり、このような症状が「花粉皮膚炎」と呼ばれています。

皮膚炎の症状が現れるのは、目の周囲上眼瞼など)からにかけてが多く、あたりまで痒みがみられる場合もあります。
いずれも、花粉が付着しやすい露出部であり、空気の乾燥しやすい冬の時期に乾燥肌のケアを怠っていると発症しやすいようです。

スギ花粉は、乾燥肌あるいはアトピー性皮膚炎といった、いわゆる肌荒れの状態でないと、皮膚の角質層を通り抜けることができません。
つまり、皮膚の表面のバリア機能が低下していると、花粉が皮膚へ侵入しやすくなる訳です。


花粉皮膚炎が疑われた場合、まずは皮膚炎の重症度に応じた治療になります。
多くの場合、ステロイドの塗り薬を使用します。
同時に、十分な保湿を行う必要があります。
軽症の場合は、保湿をしっかり行うだけで皮膚炎は軽快していきます。

過去に花粉症の既往がなければ、アレルギー検査を受けてみるのも良いでしょう。
スギ花粉などに対するアレルギー抗体IgE)の値が、高くなってるかも知れません。

また、アトピー性皮膚炎の既往がある場合や、症状を繰り返している場合は、早期にプロトピック軟膏(免疫抑制薬)を併用するなど、アトピー性皮膚炎に準じた治療を行うと良いでしょう。

一般的な花粉症の治療と同様に、抗ヒスタミン薬の飲み薬を併用することも効果的です。
花粉に対するアレルギー反応を抑制し、痒みが軽減するため、皮膚炎の悪化を防ぐことができるからです。

そして、花粉皮膚炎の症状が治まった後も、十分な保湿を継続していくことが症状の再燃を防ぐポイントと言えるでしょう。


乾燥する冬になって顔がカサカサしてきたり、花粉が飛散する時期が近づくにつれて痒みが増してきたという場合は、早めに皮膚科を受診することをおすすめ致します。
| 肌のあれこれ | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197424
トラックバック