CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 居酒屋「和家」(なごみや) | main | 「ake-kaze」林 明日香 >>
蕁麻疹(じんましん)って何?


蕁麻疹じんましん)」というのは、皮膚の内部で生じる浮腫みのような反応であり、皮膚の表面近くで生じる湿疹皮膚炎とは異なります。

典型的な蕁麻疹は、急に皮膚の一部に痒みを伴い、虫刺されのように赤く盛り上がります。
赤みが地図のように拡がったり、掻いた部分がミミズ腫れのように赤く膨らむこともあります。

しかし、湿疹皮膚炎と違い、24時間以内に赤みも痒みも消えてしまう場合がほとんどです。
例えば、夕方から蕁麻疹が出始めたとしても、翌朝には跡形なく消えていることがあるのです。


蕁麻疹には、特定の食べ物が原因となって生じる場合があります。

食物を摂取してすぐに蕁麻疹が出た場合には、直前に摂取した食物によるアレルギー反応である可能性が考えられます。
原因食材が明らかであれば、それを摂取しないように避けることができますが、原因食材が特定できなければ、皮膚科などの医療機関で疑わしい食材のアレルギー検査を受けてみるのも良いでしょう。

他にも、原因が明らかな蕁麻疹には、皮膚を掻くような機械的刺激によって生じる「機械性蕁麻疹」、冷水・冷風といった寒冷刺激が原因となる「寒冷蕁麻疹」、逆に温熱刺激を受けた部位のみに膨疹を生じる「温熱蕁麻疹」、日光に当たった部位に一致して紅斑や膨疹を生じる「日光蕁麻疹」、入浴・運動・精神的緊張などをきっかけとした発汗が誘因となる「コリン性蕁麻疹」などがあります。


しかし、蕁麻疹の約70%は「原因不明」と言われているのです。

原因不明の蕁麻疹には、様々な要因が多数影響しているという可能性も考えられるため、原因が1つに特定できなくても、蕁麻疹の悪化につながりそうな要因を避ける工夫も重要であると思われます。

例えば、寝不足にならないように規則正しい生活を心がけ、疲れやストレスをできるだけ溜めないように配慮すべきでしょう。
魚介類や肉類はできるだけ新鮮なものを食べるようにし、防腐剤や添加物を多く含む食物の摂取を控えることも大切であると考えられます。


一般に皮膚科などの医療機関では、蕁麻疹の治療として「抗ヒスタミン薬」という飲み薬が使用されています。
抗ヒスタミン薬というのは、痒みやアレルギー反応の原因となるヒスタミンの働きを抑制する作用があり、蕁麻疹以外にも、花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の治療に用いられています。

塗り薬は、蕁麻疹を生じている皮膚の内部にまで浸透しにくいため、あまり大きな効果は期待できません


蕁麻疹には、数日程度で治まる「急性蕁麻疹」と、1〜2ヵ月以上経っても繰り返し出現する「慢性蕁麻疹」があります。

慢性蕁麻疹の場合、少し症状が良くなったからといって飲み薬を止めてしまうと、すぐに再発を繰り返してしまいます。
そのため、完全に症状が治まるまでは、飲み薬の量を減らさず継続するべきでしょう。
しばらく蕁麻疹の症状が出なくなってから、少しずつ飲み薬の量を減らしていくことで、いずれは飲み薬を中止しても蕁麻疹が出なくなってきます。


上の写真は、東京都・目黒川で撮影した桜です。
(撮影:住吉孝二
| 院長ブログ | 22:30 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
また、痛み、痒み、赤い小さなプツプツが出てきてしまいました。

連休明けましたらいかなければ!
| Taisuke | 2012/04/27 11:06 PM |
「Taisuke」さんのコメントに回答いたします。

連休中に蕁麻疹の症状が悪化するようであれば、休日や夜間の対応があるような医療機関を受診するようにしてください。
| 院長 | 2012/04/27 11:12 PM |
初めまして。
三歳の娘の蕁麻疹のことで色々と検索していたところ、たまたまこちらのブログに出会いました。突然のコメント失礼いたします。

昨日から、娘の上まぶたに蕁麻疹が出始めて、今日は顔から手足の先まで全身腫れ上がりました。

朝一で、休日診療所に行ったところ、溶連菌の検査をされましたが陰性でした。原因不明でかゆみどめの塗り薬だけ処方されました。
蕁麻疹は出ては消えを繰り返し、場所かたちを変えてどんどん広がり、夕方には、お腹背中は地図のようになり、手足も真っ赤、顔も普段と変わってしまうほどでした。

寝る前にはだいふひきましたが、明日、幼稚園へ行かせるか迷います。
受診するなら、かかりつけの小児科でいいのでしょうか?
| ナカムラ | 2012/05/01 12:03 AM |
「ナカムラ」さんのコメントに回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、蕁麻疹の多くは原因不明と言われています。
ですから、思い当たる原因が無ければ、原因を探るのは困難と言えるでしょう。

重症度にもよりますが、一般的な蕁麻疹であれば皮膚の症状ですから、皮膚科を受診すべきだと思います。
ノドの奥まで腫れて呼吸が苦しくなったり、血圧が下がって意識が無くなるような場合には、救急対応が可能な小児科を受診すべきかと考えます。

以下のブログも参考にしてください。

「蕁麻疹の原因」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1193330
| 院長 | 2012/05/08 2:34 PM |
初めまして、27歳女性です。
今年の1月から唇が痛くて、
皮膚科に行き、内服をしていますが
まったく改善しません。

元々、学生の頃から蕁麻疹体質で、
皮膚に外的刺激(本の角が当たったり)が
加わるとミミズ腫れになったり、
1年前には瞼の腫れが月に2回ほどありました。
(クインケ浮腫)
瞼の腫れがなくなったと思ったら今度は唇の痛みです。

腫れは全くなく、見た目にも普通の状態なのですが、
常時タバスコを塗っているようなビリビリする痛みです。
唇の奥深くの神経が痛みます。
ひどい時は勝手に涙が溢れるほど痛いです。

熱をもっているような感じで
冷たい風に唇が当たると、少し楽に感じます。

2ヶ月前から現在まで内服しているのは
グリチロン1日6錠
トランサミンカプセル1日6cap
ハイシー顆粒1日3回
アレグラ1日2錠
です。


半年の間にステロイド含めて色々試しましたが
どれも効果はないに等しいです。

プレドニン
アストプチン
リンデロン
タリオン 
ポララミン
デカドロン
ジルテック

薬代で毎月数千円もかかって、何ヶ月も内服してても
改善しないなら飲まないほうがいいんじゃないか?と
家族に言われる始末です。
薬を2、3日飲んで効かないならそれは
医者が金儲けの為に出しているだけだとも
言われます。

今まで4、5箇所の皮膚科に行きました。
これから私はどうしたらいいのでしょうか?
本当に悩んでおります。
相談に乗っていただけませんか?
| みつろう | 2012/06/12 8:55 PM |
「みつろう」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんが、すでに複数の医療機関を受診されているのであれば、実際の診察を行っている担当医とよく相談すべきだと思います。
治療方針を変更するのも良いでしょうし、他の医療機関を受診するのであれば、過去の治療経過等が分かるように必ず紹介状を書いてもらってください。

一般に蕁麻疹の治療は、抗ヒスタミン薬で行います。
効果が無ければ、増量したり他の抗ヒスタミン薬に変更あるいは併用を行います。
最近では、副作用が少なく有効性が高い第2世代の抗ヒスタミン薬が増えてきました。
次の段階として、ヒスタミン2型受容体拮抗薬や抗ロイコトリエン薬、ジアフェニルスルホン、抗不安薬などを併用する場合もあります。
ステロイド薬は、応急処置として使用する場合がありますが、蕁麻疹に対する治療効果のエビデンスがありませんので、通常は使用しません。
さらに重症あるいは難治性の場合には、免疫抑制薬を使用する場合もあります。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 院長 | 2012/06/13 10:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197385
トラックバック