CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Come A Little Closer」Brandy | main | 「Tru Love」Faith Evans >>
爪の“割れ” や “変色” で悩んでいます


月刊「すこやかファミリー」2012年3月号の「女性のからだトラブル注意報」に、当クリニックでの取材記事が掲載されましたので紹介いたします。

爪の“割れ” や “変色” で悩んでいます

つけ爪やマニキュアなど爪のおしゃれを楽しむ人がふえています。
一方でそれらが原因となる爪のトラブルもふえています。
正しい知識で、指先のおしゃれを楽しみましょう。


●取材協力
順天堂大学医学部皮膚科非常勤講師
住吉皮膚科院長
住吉孝二先生

リムーバー(除光液)の使いすぎが
爪の乾燥を引きおこすことも


 指先を保護すると同時に、物をつかんだり、指先の微妙な感覚を察知するのに重要な働きをしています。また、足の爪体重を支え、踏み込む力を強化する役割があります。
つけ爪マニキュアなどの爪のおしゃれは、多少なりとも爪に負担がかかることを理解しておきましょう」と、順天堂大学皮膚科の住吉孝二先生は指摘します。
 は表皮の角質層が変化したもので、皮膚と同じケラチンというたんぱく質でつくられている皮膚の一部です。
「皮膚と同じように爪も乾燥しやすく、それがさまざまなトラブルの原因になります。また、つけ爪を剥がしたり、マニキュアを落とすリムーバーには、爪の水分保持能力を低下させる成分が含まれるため、これらの使用頻度が高くなると乾燥が進みやすく、もろくなります」(住吉先生)
 乾燥による代表的なトラブルには、爪の先端から割れたり剥がれたりしてくる「爪甲剥離症:そうこうはくりしょう」があげられます。女性に多くみられる「2枚爪爪甲層状分裂症:そうこうそうじょうぶんれつしょう)」もこの一種です。

<爪の構造>
目に見える部分が爪甲で、皮膚に隠れている部分が爪根部。
爪上皮はいわゆる甘皮爪母を保護している。
は爪甲の根元にある爪母(爪半月)でつくられ、押し出される。



細菌感染のサインかも…
爪の変色にも要注意


 乾燥などで爪がもろくなると、ダメージを受けた爪に雑菌が入り込みやすく、感染症のリスクが高まります。また、つけ爪では衛生管理の悪さや、つけ爪と自分の爪の間にできるすき間が、感染症のリスクを高める一因になります。爪に細菌が侵入すると、その細菌特有の色が爪に現れます。例えば、緑膿菌(りょくのうきん)が爪に侵入して増殖すると緑色の爪グリーンネイル)になり、カンジダ菌などのカビの仲間である真菌に感染した場合は白く濁ってきます。
 爪の変色に気づいたら、つけ爪マニキュアの使用はやめ、変色した爪の周囲を清潔に保ち、入浴後などは濡れたままにせず乾燥させることが大切です。
「ただし、同じ真菌でも白癬菌(はくせんきん)による爪水虫爪白癬)は内服薬で治療しないと治りにくいため、疑わしい症状がある場合には皮膚科を受診してください」と住吉先生は話します。

爪甲剥離症
爪の先端が皮膚(爪床)から剥離しているため、白くみえる。


グリーンネイル
緑膿菌に感染し、爪の一部分が緑色に変色している。


また、手足すべての爪に異常がある場合は、甲状腺機能亢進症をはじめとする全身的な疾患が原因となっている可能性もあるそうです。


きれいな爪に生え変わるには
時間がかかる


 傷んだ爪が完全に新しい爪に生え変わるには「手の爪約6ヵ月足の爪では約1年かかります」と住吉先生。爪がもろくなりやすい人は、日ごろから次のことを心がけましょう。

日ごろの爪のお手入れ
●清潔を保つ
皮膚と爪の間の汚れは泡立てた石けんなどで優しく洗う。洗ったあとは水分をしっかり拭き取り、乾かす。
●爪の長さを整える
長すぎる爪雑菌の繁殖を招きやすく、短すぎる爪指先の保護が十分にできない。適度な長さに整える(詳しくは下記コラム)。
●保湿を心がける
爪とその周囲の皮膚に、水分や油分を補うネイルクリーム保湿クリームを塗ってマッサージし、乾燥を防ぐ

<爪のおしゃれをする人は…>
ときどき爪を休ませよう
つけ爪マニキュアを繰り返していると、爪が薄くなったり、もろくなったりするので、何もつけずに爪を休ませる期間をつくりましょう



《爪の正しい切り方・整え方》
は長すぎず、短すぎず、適度な長さに整えることが大切です。
爪の切り方は、手足の爪で異なります。

-手の爪-
爪の下の皮膚が見えない程度の長さに、指のゆるいカーブに沿って切る。
とくに、爪の両端を深く切り過ぎないように注意。
少し丸めに整える。

-足の爪-
爪の先の白い部分は四角い形に切る
手の爪のように丸く切ると、巻き爪の原因になることも。
白い部分が約1mm残るくらいが理想の長さ。

甘皮はどう処理する?>
美容上、気にする女性も多い甘皮ですが、取りすぎると爪が変形したり凸凹ができるなどして、細菌感染をおこしやすくなります。
| 院長ブログ | 11:52 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして。
爪に関する相談をさせて下さい。

約2週間前に、満員電車で足を踏まれて足の親指の爪が半分剥がれた状態になりました。
最寄りのクリニックで治療(と言っても、消毒程度だと思います。)を受け出血は止まり、そのまま定期的にマキロンで消毒をしていました。

昨日、急に爪の内側が緑色になり、特に痛みはありませんが…インターネットで調べたところ、爪と肉との間に緑膿菌が入った症状に似ています。
この場合は、剥離の治療が必要とのことが書いてありました。
爪を剥がさない治療はありませんか。
また、このまま放置することによる影響等ありましたら、可能な範囲で教えてください。
よろしくお願い致します。
| ukarin | 2012/08/27 2:15 PM |
「ukarin」さんの質問に回答いたします。

緑膿菌の増殖に伴う着色(いわゆるグリーンネイル)だけであれば、清潔と乾燥を心がけているだけで、症状の軽快が期待できるかも知れません。
もし、爪の周りが赤く腫れたり、痛みを伴うような場合には、抗生剤などによる治療が必要になると思います。

ちなみに、爪を剥がす治療というのは、少なくとも当院では行った経験が無く、どのような治療であるのか私には分かりません。

以下のブログも参考にしてください。

「緑色爪(グリーンネイル)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=328807
「ひょう疽(ひょうそ)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=512348
| 院長 | 2012/09/03 1:23 AM |
足の爪に関する質問をさせてください。

私の知り合いで、サークルに熱心に参加している人がいるのですが、先日練習中に足の親指を踏まれたらしく、今日見せてもらったら爪が紫色と白色になっていました。
さらに出血も見られて、本人曰く、爪が浮いてる?とのこと。
爪の周りの腫れや痛みは現在はなく絆創膏を貼っているのですが、本人は放っておけば治るだろうと言っています。
素人目ですが、あまりにも酷いので何とかならないかと思い調べていたらこのページにたどり着きました。

コメント欄を見た限り、乾燥と清潔を心がければ治るのでしょうか?
お忙しいとは思いますが、教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

| arouge | 2012/09/04 9:54 PM |
「arouge」さんの質問に回答いたします。

「練習中に足の親指を踏まれ・・・」という事実があるのであれば、乾燥(あるいは湿潤)や不衛生が原因ではなく、足を踏まれたこと(怪我)で出血をしたり、爪が剥がれたり変色したと考えるべきでしょう。

怪我の治癒過程は、そのダメージの大きさによって経過が異なります。
切ってしまった爪を元通りに付けることが不可能なように、怪我により剥離や変色を生じた爪は、伸びるのを待つしかないと思われます。

なお、心配な症状であれば、早めに皮膚科専門医などを受診するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「爪甲下出血(爪下血腫)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=428020
| 院長 | 2012/09/11 5:49 PM |
お忙しい所、回答いただきありがとうございました。

これ以上悪化しないよう、爪の状態に気を遣いながら生活するように心がけるそうです。
紹介していただいた爪甲下出血のページも参考になりました。

本当にありがとうございました。



| arouge | 2012/09/17 12:46 AM |
足の爪が、黄色っぽく変色しています。親指だけです。爪水虫でしょうか?病院では、体重がかかって、変色したと言われましたが、治りません。
| nurse | 2012/10/02 6:11 AM |
「nurse」さんの質問に回答いたします。

爪は皮膚の角質ですから、様々な原因で着色します。
例えば、内出血をすれば、爪は赤黒く見えるでしょうし、雑菌が繁殖すれば、その菌が産生する色素が着色して見えるでしょう。

残念ながら、このブログ上で診察をすることはできません。
他の医療機関で診察を担当した医師から「体重がかかって、変色した」と、すでに診断されているのであれば、診察をしていない私からは何もコメントできることはありません。

「爪水虫でしょうか?」あるいは「治りません」という訴えは、実際の症状を診察している担当医にお願い致します。

以下のブログも参考にしてください。

「爪白癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=272525
「黄色爪症候群」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=259242
「白い爪(白っぽい爪)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=974911
「黒色爪(黒い爪)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=172971
「爪甲下出血(爪下血腫)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=428020
「爪甲色素線条」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1088307
「緑色爪(グリーンネイル)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=328807
| 院長 | 2012/10/07 3:43 PM |
前に手をはさんで内出血が爪を切ったら白っぽくなり痛みもdています。何かの病気ですか?
| サブ | 2013/11/03 7:12 AM |
「サブ」さんの質問に回答いたします。

「手をはさんで内出血・・・」という記載から、手を挟んだことが影響しているように思われますが、このブログ上で診察を行うことはできません。
心配な症状であれば、早めに医療機関を受診するようにしてください。
| 院長 | 2013/11/05 11:20 AM |
シャーペンで爪半月をいじっていたら少し取れてしまい少し手で剥いてしまいました。それから5日ぐらいたっていて今は爪半月から肉が結構盛り上がっていて少し触るだけでも痛いです。皮膚科に行った方がいいんでしょうか?
それとこれからの処置方法など教えて下さい
| ryota | 2015/01/11 9:21 PM |
「ryota」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできません。

受診するのは皮膚科で良いと思われますので、心配な症状であれば早めに診察を受けるようにしてください。
実際の症状を診察した医師から、適切な処置方法についての説明があると思います。
| 院長 | 2015/01/13 9:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197359
トラックバック