CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Torn」Natalie Imbruglia | main | 待合室のBGM(平成23年10月) >>
「Never Looking Back」re:plus


re:plus(リプラス)の「Never Looking Back」を紹介いたします。

re:plus は、静岡県出身の Hiroaki WatanabeKohei Sato の2人によって結成された音楽プロデュース・ユニットです。

ヒップホップだけでなく、ジャズや環境音楽といった様々なジャンルの音楽を独自のスタイルにアレンジし、都内のクラブなどで活動しています。


She can see the stars from where she stands
(彼女は、今の状況をしっかり分かっている)
And all she longs for is you hold her hand
(望んでいたのは、あなたと一緒に歩む道だったけど)
She ties her shoes, past drips away
(靴ひもを結び直し、前を向いて歩いて行く)
She's on her way...
(彼女はまだ道の途中・・・)

I ain't looking back again, I ain't ever looking back again
(もう振り返ったりしない、決して振り返ったりなんてしない)



この曲は、Vitium(ヴィティウム)の「Never Looking Back」をアレンジしており、心地良いメロウな曲に仕上げています。

原曲よりもピアノの音色が強調されており、女性の繊細な心を表現しているように感じられます。

肌寒くなってきた秋の夜には、メロウな曲を聴いてみるのも良いものです。

Never Looking Back」は、2010年に発表された1st.アルバム「Everlasting Truth」に収録されています。

| 院長の音楽日記 | 15:17 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちわ、曲名で偶然訪問させていただきました。
「Never Looking Back」もとても気になってますが
In Ya Mellow Tone 4の方をとりあえずGETしました
翻訳された歌詞までのせてあったので、拝見しましたが
詩もとてもすばらしいです!
| terase | 2012/11/29 8:45 PM |
「terase」さん、コメントありがとうございます。

歌詞は、全てを載せることが法的に難しいため、ブログ本文の一部として、私が気になった一部だけを引用するようにしています。
また、語学力に乏しい私の和訳であるため、間違った解釈の部分があるかも知れませんので、その点をご了承ください。

「In Ya Mellow Tone 4」にも雰囲気の良い曲がありますよね。
以前、Nieve と Cook による「Chronic Intoxication」を紹介していますので、是非そちらもご覧ください。

「Chronic Intoxication」Nieve & Cook
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197211
| 院長 | 2012/11/30 9:55 AM |
「Chronic Intoxication」の紹介
ありがとうございます。これも素敵ですね!
ラップが強調されてないので聞きやすいです
| terase | 2012/12/01 12:00 AM |
「terase」さん、コメントありがとうございます。

どちらもメロウな感じが心地良いですよね。
| 院長 | 2012/12/01 10:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197334
トラックバック