CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 接触皮膚炎(かぶれ) | main | 「Nothing's Gonna Stop Us Now」Starship >>
「Take On Me」a-ha


a-ha(アーハ)の「Take On Me」を紹介いたします。

a-ha は、ノルウェー・オスロ出身の3人組バンドです。

バンドの結成は1982年ですが、その後イギリスへ渡って1984年に「Take On Me」でデビューを果たしています。

当初、母国ノルウェーでは大ヒットに至りませんでしたが、翌1985年に Alan Tarney(アラン・ターニー)によってアレンジされ、全米ナンバー1の大ヒットを記録しました。

Take On Me」では、スケッチ風のアニメーションと実写を組み合わせたビデオ・クロップが非常に話題となり、現在の PV(プロモーション・ビデオ)の先駆けのような存在になったと言えるでしょう。


So needless to say I'm odds and ends
(そうさ、僕はダメな男だよ)
But that's me stumbling away
(でも、僕は失敗を重ねながら)
Slowly learning that life is OK
(ゆっくりと人生を学んでいくよ)
Say after me
(僕に続いて言ってごらん)
It's no better to be safe than sorry
(安定した人生よりも、波乱に満ちた人生の方が良い)

Take on me
(僕のものになってくれ)
Take me on
(恋人になってくれ)
I'll be gone
(僕はいなくなるんだよ)
In a day or two
(あと1日か2日で)



Take On Me」は、軽快なリズムに Morten Harket(モートン・ハルケット)の高音で軽い歌声がマッチした名曲です。

最近でも、イントロ部分を時々耳にしますが、爽やかな雰囲気は今でも色あせていないように感じられます。

Take On Me」は、1985年に発表されたデビューアルバム「Hunting High and Low」に収録されています。

| 院長の音楽日記 | 17:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
来ましたねっ^^
これは、リアルタイムで知っています。アニメがミックスされたPVも覚えています。
Wham!の時にも少し書きましたが、1980年代後半…正確に言うと1984年以降1990年頃まで、私にとっては洋楽暗黒時代でした。このa-haも、当時はあまり好きではなかったのですが、キャッチーであることには間違いないし、今聴くと良い曲に思えます。
ちなみに、確かこの次の曲だったでしょうか、GATSBYのCMに出ていたと思うのですが、先生、ご記憶ございますか??
| 藤本陽一 | 2011/11/01 10:40 PM |
「藤本陽一」さん、コメントありがとうございます。

藤本さんにコメントをいただくために音楽ブログを更新している訳ではありませんが、しばらくコメントが無いと寂しいので、今回は私が洋楽に興味を持ち始めた頃の曲にしてみました。

a-haの曲は当時よく聴いていたのですが、最近はほとんど聴いていません。
ちなみに当時は、明るい「You Are The One」という曲も好きでした。
ギャッツビーのCMに使われていたのは、これではありませんか?
| 院長 | 2011/11/01 11:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197288
トラックバック