CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大震災後の診療について | main | 「Born This Way」Lady GaGa >>
「Got My Mind Set On You」George Harrison


東北関東大震災(東日本大震災)の後、しばらくブログの更新を控えていましたが、明るく元気な気分になれそうな、こんな曲から再開してみることにしました。


今回は、George Harrison(ジョージ・ハリスン)の「Got My Mind Set On You」を紹介します。

George Harrison は、イギリス・リバプール出身のミュージシャンであり、あのロックバンド The Beatles(ビートルズ)のギタリストとしても有名です。


I got my mind set on you
(僕は君に狙いを定めたよ)

But it's gonna take money
(でも、それにはお金が必要なんだ)
A whole lot of spending money
(それも莫大なお金を)
It's gonna take plenty of money
(惜しみなく使わなくちゃならない)

It's gonna take time
(それに、時間も必要だ)
A whole lot of precious time
(注ぎ込める限りの時間をかけて)
It's gonna take patience and time
(ずっと辛抱しなくちゃならない)

To do it right, child
(それを成し遂げるためにはね)



この曲は、James Ray(ジェイムス・レイ)の「I've Got My Mind Set On You」に George Harrison がアレンジを加えた作品だそうです。

もともとはラブソングなのですが、今聴いていると、震災に遭われた方々への応援歌のようにも聞こえてくるような気がします。


George Harrison の「Got My Mind Set On You」は、1987年に発表されたアルバム「Cloud Nine」に収録されています。




※ George Harrison は、2001年に58歳という若さで肺癌のため他界しています。
| 院長の音楽日記 | 12:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
来ましたっ!!
今回はいつも以上に思い入れ(思い込み!?)たっぷりで書かせて頂きます。
これは当時リアルタイムで聴きました。
元バンドメイトのポール・マッカートニーはビートルズ解散後も次々とヒットを飛ばしてきましたが、1983年あたりから苦戦を強いられます。80年代も半ばに差し掛かるとベテラン勢はヒットソングについては皆苦労したようですが、80年代前半には畑仕事や庭弄りをしていたと言われていたジョージ・ハリスンが、この時期になんと全米癸吋劵奪箸鮴犬爐箸い事実に、当時いたく感激した記憶があります。
ちなみに、このアルバムの裏ジャケットは、発売当初のものは椅子にギターを立てかけてある写真でした(最初にCD化された時もその写真でした)が、近年再発された際にはギターを持った笑顔のジョージの写真に差し替えられています。椅子にギターを立てかける、というのは亡くなった人を悼む意味があるそうですが、亡くなる14年前のこのアルバムは「個人名義でのオリジナルアルバム」という意味では確かに生前最後のアルバムではあるのです…
| 藤本陽一 | 2011/03/21 9:33 PM |
「藤本陽一」さん、コメントありがとうございます。

私はビートルズ世代ではなかったため、彼等のソロ活動について、当時は特に思い入れ無く聴いている程度でした。
もっと言えば、当時はこの曲が誰の曲で、どんな内容の曲なのか、全く知りませんでした。

それなのに、今になって聴いてみると、当時何気なく聴いていた記憶がよみがえり、懐かしく感じてしまうなんて不思議なものです。

いつも詳しいコメントをありがとうございます。
また、色々と音楽のことを教えてください。
| 院長 | 2011/03/22 11:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197280
トラックバック