CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「How Crazy Are You?」Meja | main | 「Take On Me」a-ha >>
接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎(せっしょく ひふえん)」とは、皮膚の表面に接触してきた刺激物質などによって生じる皮膚炎のことであり、いわゆる「かぶれ」のことです。

接触皮膚炎は、大きく「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に分類されています。
ただし、単に「接触皮膚炎」と言った場合には、アレルギー性接触皮膚炎を示していることが多いようです。

刺激性皮膚炎とは、強力な刺激物質との接触による直接的な皮膚のダメージであり、アレルギー反応は関係していません。
強い酸(硫酸など)やアルカリ(水酸化ナトリウムなど)によるヤケド(化学熱傷)と同じ病態であるため、痒みよりも痛みを感じることが多くなります。

一方のアレルギー性接触皮膚炎とは、接触によるアレルギー反応によって皮膚炎を生じるものであり、強い痒みを伴うことが多くなります。
皮膚内に侵入したことのある物質(抗原)が異物として記憶されると、再び同じ異物が皮膚内に侵入した時に素早く炎症を起こして、その異物を除去しようと反応します。
これがアレルギー性接触皮膚炎の基本的なメカニズムです。

アレルギー性接触皮膚炎の原因(抗原)には様々なものがあり、年々その種類が増えていると言われています。
古くから知られているものには、ウルシサクラソウなどの植物ニッケルクロムなどの金属、化粧品類に含まれるパラベンなどの防腐剤、ゴム手袋などに含まれるラテックスなどがあります。

最近では、デスクマットなどの抗菌加工が施された家庭用品で接触皮膚炎を生じる例が増えています。
特に汗をかいた状態などでは注意が必要です。

また、ドラッグストアなどで市販されている塗り薬(OTC医薬品)には、抗生剤や抗真菌薬、消炎鎮痛薬、消毒薬といった複数の成分を含有しているものが数多くみられます。
これらを安易に使用すると、接触皮膚炎を生じる可能性がありますので、十分に注意するようにしてください。
| 肌のあれこれ | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
接触皮膚炎の場合は、赤みや肌荒れなど見た目でわかるような症状は出ますか?
| たい | 2011/11/05 8:50 PM |
「たい」さんの質問に回答いたします。

「接触皮膚炎」とは、皮膚の表面に外部から接触してきた物質によって生じる皮膚炎のことです。
つまり、原因物質が「接触」したと思われる部位に、見た目で分かるような「皮膚炎」を生じていることで診断が可能になります。

逆に、見た目で分かるような人工的な形状の「皮膚炎」を生じていることで、何に接触したことが原因であるのか推測できる場合もあります。
例えば、湿布を貼っていた部位に、湿布と同じ形の四角い皮膚炎(赤み・痒みなど)を生じていれば、その原因が湿布であろうと推測することが可能な訳です。
| 院長 | 2011/11/14 11:19 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197253
トラックバック