CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 宮崎らーめん「鶏三郎」 | main | 爪甲横溝(波板状爪) >>
「Bad Day」Daniel Powter


Daniel Powter(ダニエル・パウター)の「Bad Day」を紹介いたします。

Daniel Powter は、カナダ出身のシンガーソングライター、ピアニストです。

以前にも「Best of Me」を紹介したことがありますが、2005年の「Bad Day」が最初のヒット曲でした。

この曲は、アメリカのオーディション番組「American Idol」で、落選者を発表する時に使用されていました。


You had a bad day
(ダメな日だったねぇ)
You're taking one down
(落ち込でるよね)
You sing a sad song just to turn it around
(気持ちを切り替えようと悲しい歌を口ずさんで)

You work at a smile and you go for a ride
(その日を乗り切るために、笑顔で仕事をして)
You had a bad day
(良くない日だったのに)

You're coming back down and you really don't mind
(帰ってきたら、もう気にならなくなるさ)
You had a bad day
(良くない日だったけどね)



今日はタフな日だった、Bad Day だった・・・といった内容が歌われています。

オーディションを勝ち上がっていくためには、必ず負ける人達がいます。

つまり、負けた人達の記録でもある「American Idol」には、ぴったりの選曲だった訳です。


Bad Day」は、2006年に発表されたアルバム「Daniel Powter」に収録されています。


| 院長の音楽日記 | 16:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
あけましておめでとうございます。

いいですね。僕ももう一踏ん張り!って時にBad Dayは聞いてます。

メロディも耳残りがいいですよね。
| taisuke | 2014/01/20 6:22 PM |
「taisuke」さん、コメントありがとうございます。

今年も「院長の音楽日記」を続けてみます。

やっぱりメロディーラインが素敵だと良いですよね。

Daniel Powter の澄んだ歌声はもちろんのこと、この曲ではピアノの音色に心が癒されます。
| 院長 | 2014/01/20 6:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197237
トラックバック