CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「このままで」西野カナ | main | 創造空間「SPICE cafe(スパイス・カフェ)」 >>
「Me Duelen Tus Mentiras(Try To Say I'm Sorry)」Princessa


Princessa(プリンセッサ)の「Me Duelen Tus MentirasTry To Say I'm Sorry)」を紹介いたします。


Princessa は、プロデューサー Frank Peterson の目に留まったことから16歳で歌手デビューを果たした、スペイン・マドリード出身の女性ポップシンガーです。

1990年代には、ディズニー音楽を担当していたこともあり、ユーロビート調の楽曲が日本でも話題になりました。


Me Duelen Tus Mentiras」はスペイン語の曲なのですが、私はスペイン語が分からないので、対訳として英語版の「Try To Say I'm Sorry」の歌詞を載せておきます。


Me duelen tus mentiras
(I tried to say I'm sorry
oh, me duelen a rabiar...no lo ves
(Oh, I tried to play your game and don't you know)
me duelen tus mentiras
(I tried to say I'm sorry
oh, me duelen a rabiar...
(And don't you know that I'm the one to blame)



ポップなアコースティックギターに乗せて、魔法のような Princessa の甘い歌声が魅力的なバラードです。


Me Duelen Tus Mentiras」と「Try To Say I'm Sorry」は、1997年に発表されたセカンドアルバム「Calling you」に収録されています。

このアルバムには、バックヴォーカルとして Sarah Brightman も参加していました。


Princessa の曲では、現在「Calor De Amor」を当クリニックの待合室BGM として使用しています。
| 院長の音楽日記 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197207
トラックバック