CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Faith」George Michael | main | 「A面で恋をして」NIAGARA TRIANGLE >>
「21 Guns」Green Day


Green Day(グリーン・デイ)の「21 Guns」を紹介いたします。


Green Day は、カリフォルニア州バークレー出身のロックバンドです。

最も良く聴いた曲は、以前紹介した1994年の「Basket Case」ですが、最近気に入っている曲が今回紹介する「21 Guns」です。


Do you know what's worth fighting for?
(何のために戦うのか分かっているのか?)
When it's not worth dying for?
(死ぬことに価値なんて無いんだぞ)

When it's time to live and let die
(人を殺して生き残っても)
And you can't get another try
(もう二度とやり直しはできないぞ)
Something inside this heart has died
(心の中で何かが死んでしまっているから)
You're in ruins
(もう君は廃虚の中に居るようなものさ)

One, 21 guns
(21発の弔砲が鳴る)
Lay down your arms, give up the fight
(武器を捨てて、戦いを止めるんだ)
One, 21 guns
(21発の弔砲が鳴る)
Throw up your arms into the sky, you and I
(その武器を空に投げるんだ、君も僕も)



歌詞に出て来る「21 Guns」というのは、海外からの要人を迎える時の礼砲、あるいは国内の要人の葬儀の時に弔砲として発射される、21発の空砲のことだそうです。

秋風を感じながら、一人で哀愁漂うメロディーに耳を傾けるのも良いものです。


21 Guns」は、2009年に発表されたアルバム「21st Century Breakdown(21世紀のブレイクダウン)」に収録されています。

| 院長の音楽日記 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197197
トラックバック