CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「My Life」Billy Joel | main | 腕っこきの煎餅屋「みりん堂」 >>
「Do It Again」The Chemical Brothers


The Chemical Brothers(ケミカル・ブラザーズ)の「Do It Again」を紹介いたします。

The Chemical Brothers は、イギリス・マンチェスター出身の Tom Rowlands(トム・ローランズ)と Ed Simons(エド・シモンズ)によるテクノ音楽ユニットです。

Big Beat(ビッグ・ビート)と呼ばれるジャンルを確立した彼等の斬新な音楽は、1990年代の後半からダンス・ミュージック界を牽引してきました。

最近では、ラーメン研究家と言われる程、大のラーメン好きとしても有名なようです。

Oh my God, what have I done? (Do it again)
(あぁ、俺は何をやってたんだ・・・もう一度)
All I wanted was a little fun (Do it again)
(俺がやってた事なんて、大して楽しい事じゃなかったよ・・・もう一度)
Got a brain like bubble gum (Do it again)
(風船ガムのように脳を膨らませ・・・もう一度)
Blowing up my cranium (Do it again)
(頭蓋骨を吹っ飛ばしちゃおう・・・もう一度)


Do It Again」では、ゲストシンガーとしてAli Love(アリ・ラブ)を起用し、独特のサイケデリックな世界を作り上げています。

この曲は、2007年に発表された6枚目のアルバム「We Are The Night」に収録されています。

Do
| 院長の音楽日記 | 00:02 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こちらも新譜聞かれましたか?
今のクラブミュージックはコンピューターの中で作曲からミックスまで行われるのが主流なのですが新譜はあえてビンテージのシンセを多用したらしいです。
すごく音に味があってケミカルらしいこだわりを感じます。
| タンロ | 2010/07/20 11:46 PM |
「タンロ」さん、コメントありがとうございます。

新しいアルバムは、ゲスト・ヴォーカル無しでしたよね。

先日のTV番組「ベストヒットUSA」で「Swoon」という曲が紹介されていたのを視聴しました。
小林克也さんが、「ケミカルは、単なるテクノという枠にとらわれない、音と映像の総合クリエイターだ」と評していたのが印象的でした。
| 副院長 | 2010/07/21 4:56 PM |
ゲスト・ヴォーカル無しだったと思います。
ですがサイケデリック感があってとても良いアルバムです。
話は変わるのですがボブ・マーリーの本当の死因は暗殺ではなくメラノーマだったというのをご存知でしたか?
サッカーをしていて足の親指に怪我をしてその部分が中々直らず医者に行ったらメラノーマだったみたいです。
彼は手術はせずに最後は脳に転移して死亡したみたいです。
彼の黒人ですが父親は白人でその血が影響したのではとの事です。
私はメラノーマの事はまったく知らないかったのですがすごく稀な癌なのですよね?
手術さえしていればあの素晴らしい音楽を今も聞けたかもしれませんね。
長くなってしまいすみません。
| タンロ | 2010/07/22 12:58 AM |
「タンロ」さん、コメントありがとうございます。

ボブ・マーリーが若くして亡くなったのは知っていましたが、その死因までは聞いたことがありませんでした。
悪性黒色腫(メラノーマ)は非常に悪性度の高い癌ですから、若くして発症したというのが事実であれば、残念としか言いようがありません。
| 副院長 | 2010/07/30 11:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197157
トラックバック