CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Cinderella」Sweetbox | main | 「Waterfalls」TLC >>
とびひ(伝染性膿痂疹)の注意点


子供に生じる皮膚の細菌感染症では、とびひ伝染性膿痂疹)の頻度が最も高いと言われています。
子供の皮膚は、角質層が薄くバリア機能が低下しやすいため、細菌が侵入しやすいと考えられます。

例えば、湿疹虫刺されを爪で引っ掻いたようなから、黄色ブドウ球菌溶血性レンサ球菌などが侵入し、自家接種によって全身に拡大してしまいます。

感染する細菌の種類によって症状が異なり、それぞれ「水疱性膿痂疹」や「痂皮性膿痂疹」と呼ばれています。
水ぶくれ(水疱)や膿をもった水ぶくれ(膿疱)ができると、破れてびらんになったり、厚いかさぶた(痂皮)になったりします。

このような膿痂疹を生じた場合、患部を刺激しないように注意する必要があります。
手をよく洗うこと爪を短く切ることも、患部を掻いたり不潔にしないための予防につながります。
また、家族や兄弟に症状を拡げないようにする理由から、念のためにタオルを共用しない方が良いでしょう。

体のあちこちに膿痂疹を生じてしまった場合(伝染性膿痂疹)には、抗生剤の飲み薬塗り薬による治療が必要になります。
掻き壊すことで症状が悪化してしまうため、痒みが強い場合には痒み止めの飲み薬も併用します。

自宅では、原因となる細菌を減らすため、入浴したりシャワーを浴びるなど、皮膚を清潔に保つことが重要になります。
患部はこすらず、石鹸をよく泡立てて丁寧に洗い、シャワーでよく洗い流しましょう。

プールなどは、症状が完全に治まるまで控えた方が無難でしょう。
特に通園通学を規制するような義務はありませんが、症状によっては担当医や担任の先生あるいは保育士などと相談するようにしてください。

とびひ伝染性膿痂疹)を繰り返さないために、膿痂疹の症状が治まってからも、アトピー性皮膚炎などの症状が残っている場合には、その湿疹皮膚炎の治療を行うようにしましょう。
| 院長ブログ | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197133
トラックバック