CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 新東京タワー近況(その9) | main | ベッカー母斑(Becker母斑) >>
「When A Man Loves A Woman」Percy Sledge


Percy Sledge(パーシー・スレッジ)のデビュー曲にして最大のヒット曲「When A Man Loves A Woman男が女を愛する時)」を紹介いたします。

Percy Sledge は、アメリカ・アラバマ州出身のソウルシンガーです。

1966年、全く無名だった Percy Sledge は、この曲でいきなり全米No.1のヒットを記録しました。

When a man loves a woman
(男が女を愛する時)
Can't keep his mind on nothin' else
(他のことは何も考えられない)
He'd trade the world
(世界だって差し出してしまうかも知れない)
For a good thing he's found
(見つけた宝のためならば)


When A Man Loves A Woman」は、男性が女性を愛する時の感情を、独特のソウルフルな歌声で表現しています。

誰もが一度は耳にしたことがあるバラードの名曲と言えるでしょう。

The

当クリニックでは、Gregorian(グレゴリアン)の「When A Man Loves A Woman」を待合室BGM として使用しています。
| 院長の音楽日記 | 00:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
これは名曲ですよね!^^
昔のバイト先で1日中FMラジオが流れていて、CMに使われていたことがあって、そのCMが流れるのがだいたい土曜日の夕方だったのですが、イントロのオルガンが特に夕方の雰囲気に合っていると感じました。それ以来、この曲を聴くと土曜日の夕方の気分を思い出します。

追伸:アダム・ランバートの欄の5/24コメント拝見致しました。ジャンルの幅は私は全く追いついていませんが、知っている範囲でお知らせできることがあればこっそりご案内させて頂きます^^
| 藤本 | 2010/06/03 11:39 PM |
「藤本」さん、コメントありがとうございます。

確かに、この曲には燃えるような夕陽が非常に良く合いますね。

サビの部分を聴いていると、夕陽が沈んでからも心の中で何かが燃え続けているような気がします。
| 副院長 | 2010/06/09 5:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197129
トラックバック