CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Save a Prayer」Duran Duran | main | 皮膚科専門医プレート >>
「Maid of Orleans」Gregorian


Gregorian(グレゴリアン)の「Maid of Orleans(オルレアンの乙女)」を紹介いたします。

Gregorian は、Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)のプロデューサーとしても有名な Frank Peterson(フランク・ピーターソン)が生んだ、ドイツ・ハンブルグ出身のバンドです。

ポップスやロックの名曲を、次々とグレゴリオ聖歌のようにアレンジして発表しています。

Maid of Orleans」の原曲は、Orchestral Manoeuvres in the Dark(OMD)の名曲「Joan of Arc(Maid of Orleans)」です。

そもそも「Maid of Orleans(オルレアンの乙女)」とは、フランスの聖女「Jehanne Darc(ジャンヌ・ダルク)」のことです。

If Joan of Arc
(もし、ジャンヌ・ダルクが)
Had a heart
(心を持っていたならば)
Would she give it as a gift
(彼女はそれを贈り物として与えるのだろうか)

Her dream's to give
(彼女の夢は)
Her heart away
(彼女の心を遠くへ届けること)
Like an orphan on a wave
(波に漂う孤児のように)


古い教会で収録されたというこの曲は、荘厳で神秘的な雰囲気を醸し出しており、心が洗われるような気持ちになります。

Maid of Orleans」は、2003年に発表されたアルバム「Masters of Chant Chapter IV」に収録されています。

Maid

現在、当クリニック待合室BGM として使用しています。
| 院長の音楽日記 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197098
トラックバック