CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Fragile Heart」D-Side | main | 「DRX UVプロテクター」プレゼントキャンペーン >>
プロトピック軟膏の適切な使用量


プロトピック軟膏は、1999年の発売開始から10年以上が経過し、ステロイド外用薬に代わって、におけるアトピー性皮膚炎治療のスタンダードとして定着しました。

アトピー性皮膚炎の治療において、プロトピック軟膏の保険適応は2歳からです。
2歳〜15歳では、0.03%小児用軟膏1日1〜2回外用します。
16歳以上では、0.1%成人用軟膏1日1〜2回外用します。

プロトピック軟膏の主成分であるタクロリムスは、カルシニューリンを抑制するという、ステロイドとは異なる作用機序で皮膚の炎症を抑制する薬剤です。
そもそも、タクロリムスは臓器移植などの時に大量に使用して拒絶反応を抑制するために使用されていた薬剤であり、安全性の観点から以下の通り使用量に制限が設けられています。

2〜5歳1回の外用は1gまで(1日2gまで)
6〜12歳1回の外用は2〜4gまで(1日4〜8gまで)
13歳以上1回の外用は5gまで(1日10gまで)

例えば13歳以上では、5gチューブのプロトピック軟膏1回に1本まで使用可能です。
1日2回使用すると、プロトピック軟膏の5gチューブを2本(20FTU)まで使用可能ということになります。

しかし、のみに使用することを考えれば、1日で5gチューブ(10FTU)を1〜2本使用するということは通常ありえないでしょう。
加えて近年では、プロトピック軟膏を長期間使用しても安全性に大きな問題が生じていないことが分かってきました。

外用量外用回数は、ステロイド外用薬と同様に、症状の改善に応じて減らしていくことができます。
しかし、必ず症状の増悪を繰り返してしまうアトピー性皮膚炎の治療において、外用薬の減量方法には十分に注意する必要があります。
外用薬の減量途中で症状の悪化(再燃)があった場合には、当初の外用量に戻す必要があります。

最近では、プロトピック軟膏寛解導入療法として使用するだけでなく、ステロイド外用薬との違いを利用し、寛解維持療法として継続していくという使用方法が一般的になってきました。
要するに、プロトピック軟膏は皮膚炎を改善させるだけでなく、皮膚炎が軽快してきてからも週に1〜3回くらいの割合で外用を継続していくことで、皮膚炎の悪化(再燃)を抑制できることが分かってきたのです。
これによって、ステロイド潮紅などの副作用を心配しながら、顔にステロイド外用薬を塗り続けるというアトピー性皮膚炎の患者さんが少なくなってきました。

上の写真は、沖縄県・沖縄美ら海水族館で撮影したものです。
(撮影:住吉孝二
| 院長ブログ | 10:14 | comments(36) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
お医者さんからプロトピックを処方され、使用しました。使用すると、ぴりぴりちくちくして結局我慢できずに掻いてしまい、怖くて使用を続けることが出来ませんでした。
色んなサイトでは、発ガンの可能性があるという噂もあります。でも先生のブログを見れば良い薬なんだと思えます。
何もしないと掻いて痛くてしんどい。でも何を信じて使ったらいいのか…。目がまわりそうです。
グチみたいなコメントですみません
| カヨコ | 2010/04/05 10:40 PM |
「カヨコ」さんのコメントに回答いたします。

せっかく医療機関を受診したにも関わらず、何を信じたら良いか分からないというのは、非常に残念な話です。

インターネット上には様々なサイトがありますが、基本的には何を記載・掲載・発表するのも自由であり、明らかな犯罪でない限り取り締まることも困難なのでしょう。
もちろん、どんなサイトを閲覧するのも個人の自由であり、噂に興味を持つのも個人の自由です。

しかし、国で定められた保険診療を受けることができる訳ですから、医療機関の医師と治療方針をよく相談するべきでしょう。
特に、プロトピック軟膏のようなアトピー性皮膚炎専用の外用薬を使用する場合は、皮膚科専門医の診察を受けるのが望ましいと思います。

以下のブログも参考にしてください。

「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「皮膚科専門医プレート」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197100
| 副院長 | 2010/04/07 11:47 AM |
昨日、今まで行っていた病院とは違う病院を受診してみました。処方された薬が全く違ったことに驚きましたが、今度は素人目で判断せずきちんと薬を使おうと思います。ただ、顔にステロイドの処方がされたのだけ抵抗があります。なぜなら、以前顔にステを塗っていた時にヘルペスを発症してしまったからです。ヘルペスは発症したら再発する病気と聞きますし、ヘルペスはウイルスなので、免疫を抑えるステを塗って再発しやすくなるのではないかと不安です。
| カヨコ | 2010/04/11 4:42 PM |
再び「カヨコ」さんのコメントに回答いたします。

アトピー性皮膚炎の治療では、ステロイド外用薬やプロトピック軟膏、光線療法(紫外線療法)、ステロイド内服薬あるいはネオーラルによる内服療法などが行われていますが、どれもアレルギー反応を抑制する働き、つまり免疫力を低下させる働きがあります。
ですから、ヘルペスなどの感染症を繰り返しやすい患者さんの場合は、過剰な免疫抑制状態を生じないように治療法の選択に十分注意する必要があります。

例えば外用薬を使用する場合には、ストロングクラス(3群)のステロイド外用薬と同等の免疫抑制効果があると考えられているプロトピック軟膏を使用するよりも、ミディアムクラス(4群)のステロイド外用薬を使用する方が安全と考えるのが一般的でしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「ステロイド外用薬の作用・副作用(その1)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=978905
「口唇ヘルペス」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=207679
「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
| 副院長 | 2010/04/13 10:28 PM |
この薬って全く使い物になりませんね。
赤みが引いてないと使用できないとのことですが、赤みが無くても大抵の場合痒いです。
それなのに処方されてきちんと指示通りに保湿剤を塗った上からこれを薄〜く塗りましたが、皮膚が焼かれたように熱くなり、痒くて仕方なくなりました。すぐに石鹸で洗い流しましたが、2〜3日は熱いままでした。
結果今までになかったぐらい悪化しました。
プロトピックを使える状況ならもうプロトピックさえも塗らなくて良いでしょう。というか炎症が完全に引いていないと使用したらだめだと思いますよ。焼かれたように皮膚が熱くなるんですから。
また、炎症が完全に引いた箇所にわざわざプロトピックを塗り、皮膚をほてらせ、痒みを誘発し、おまけに体に害のあるものを塗る意味がわからない。
本当に皮膚科医ってクソですね。
結局自分が病気にかからないと何もわからない。
| ゆゆ | 2010/06/17 1:05 AM |
「ゆゆ」さんのコメントに回答いたします。

私は子供の頃からアトピー性皮膚炎であり、学生の頃は皮膚科を受診すると顔全体を包帯で巻かれてしまうほど症状が悪化していた時期もありました。
しかし、その後は徐々に症状が治まるようになり、1999年に登場したタクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)のおかげで、顔の赤みまで治まるようになりました。

プロトピック軟膏を使用した場合、約80%の人にピリピリとした灼熱感を生じるという事実は、もう10年も前から分かっていることです。
もちろん、皮膚の状態にもよる個人差はありますが、通常は1週間程度でこのような刺激感は無くなります。
また、プロトピック軟膏による刺激感をやわらげるためには、抗ヒスタミン薬の服用が効果的です。

確かに、最近では寛解維持療法としての役割も注目されるようになってきましたが、プロトピック軟膏の効力は、第3群(Strong)クラスのステロイド外用薬と同等と言われています。
つまり、従来の治療薬よりも顔の赤みや痒みに対しては有効性が高く、決して「赤みが引いてないと使用できない」ということはありません。
実際、顔の赤みや痒みに対してプロトピック軟膏を使用されている患者さんがほとんどです。

アトピー性皮膚炎という疾患をよく理解し、治療方法や治療の意味についても理解していただけることを願います。

なお、当然のことですが、このブログ上で診察をすることはできません。
ですから、現在の治療に関する苦情などは、実際の症状を診察している担当医(できれば皮膚科専門医)に訴えるようお願いいたします。

以下のブログも参考にしてください。

「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「ステロイド外用薬の分類(ランク)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1139944
「アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=441189
| 副院長 | 2010/06/21 11:55 AM |
現在、皮膚科にて顔の赤み(アトピーのような症状)でプロトピックを処方され使用しています。
パルデスでなかなか改善しなかったためです。
プロトピックは一日一回、夜のみの使用です。
初日はひりひり、灼熱感で夜もなかなか眠れなかったのですが、昼間はほとんど何も感じません。
プロトピックは依存性が高い、リバウンドが来る。
など様々な情報が飛び交っていますが、改善するまでに長期間かかったとして、その後プロトピックを止めることは可能なのでしょうか?また酒さ様皮膚炎などの副作用も心配です。
よろしくお願いします。
| もめん | 2010/08/06 12:26 PM |
「もめん」さんの質問に回答いたします。

プロトピック軟膏に関して、「依存性が高い」あるいは「リバウンドが来る」といった話を、私は聞いたことがありません。

また、薬剤の減量方法については、実際の症状を診察している担当医とよく相談して決めるようにしてください。
自己判断で中断することなく、症状がしっかり治まってから減量・中止することが重要だと思います。
| 副院長 | 2010/08/20 7:14 PM |
プロトピックを顔や首に使用しています。

対症療法だという事は分かっているので、いずれ期間を延ばして止めていきたいと思っています。

ただ、現実的にはそれがなかなかできません。

現在は週に1-2回ですが、その間隔を延ばしてたくても顔が火照り感(腫れにも近い)が戻ってきて、顔もまだらになり赤みが復活してくるのです。

プロトピックを休薬するには年単位くらいの時間がかかるものなのでしょうか?
分からなくなって、不安な日々を送ってます。
| ぽんちゃ | 2010/09/20 5:34 PM |
「ぽんちゃ」さんの質問に回答いたします。

プロトピック軟膏の使用頻度が「週に1-2回・・・」というのは、症状が改善して理想的な治療が継続できているということだと思われます。

症状が再燃するのに治療薬を減量してしまっては、本末転倒です。
皮膚炎の症状が悪化しない程度の治療を継続するようにしてください。

アトピーの体質(アトピー素因)というのが消えて無くなる訳ではありませんので、無理な治療薬の減量は行わず、適切な治療方法を担当医と相談していくようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
| 副院長 | 2010/09/29 9:42 AM |
皮膚科で プロトピック軟膏小児用0、03を 処方され塗ってましたが あるサイトでプロトピックの副作用など 見て怖くなり違う皮膚科のアレルギー科に行くと 血の検査され 原因は 口の中から来てるから 歯磨きの時に使う 今在庫無いから 次回出すと 塗り薬無く 数種類の漢方薬 だけで プロトピック塗ってたと言うと そんなん良く無いから 捨てて!と 言われ次行くと 血の検査は 貧血ですね だけ言われ 漢方の貧血の薬増えただけで 血の検査の紙も 貰えず また次来るよう言われ 納得行かず 紙だけ貰いに 行ったら 普通の血の検査だけでした アレルギーの検査は全くしてませんでした 病院の中は ステロイド離脱やら いろんな 施術の張り紙だらけで 一回何万円もしてました 何より 医者の投げやりな態度と 人の弱みに漬け込んだ 漢方で稼ぐ気満々の 商売じみたやり方が 嫌で 二度と行ってません
| マアム | 2011/03/07 7:42 PM |
「マアム」さん、コメントありがとうございます。

プロトピック軟膏は、適切な使用方法・使用量を守っていれば、ステロイド外用薬のような副作用もなく使用できる薬剤であると一般的に言われています。

自己判断で様々な医療機関を受診するのではなく、皮膚科専門医がいる皮膚科を受診するか、他の医療機関から信頼できる皮膚科を紹介してもらうようにしてください。
皮膚科専門医は、日本皮膚科学会ホームページの専門医マップから検索することができます。

「日本皮膚科学会ホームページ」
http://www.dermatol.or.jp/
| 院長 | 2011/03/11 1:33 PM |
目の下に黒いシミがあり、皮膚科で相談するとプロトピック軟膏0.1%を処方されました。今は3日目です。軽い火照りくらいでしっとりしています。日光に当たらないように夜だけつけています。多く調べてもアトピーの方向けの薬のようですがシミは改善されるのでしょうか?医師には「これをつけると何故か白くなる」と言われたのですが何を調べてもシミが改善されるとは記載がなく、このままアトピーでもない私が使用してよい塗り薬なのかと不安でたまりません・・・
| ユメコ | 2011/03/28 6:27 AM |
「ユメコ」さんの質問に回答いたします。

プロトピック軟膏は、アトピー性皮膚炎専用の治療薬として保険適応になっている薬剤です。
そのため、基本的にアトピー性皮膚炎の患者さんにのみ処方されていると思います。

ですが、ステロイド外用薬による治療が困難な症状(口腔内扁平苔癬、酒さ様皮膚炎など)の治療に用いられ、良好な結果が得られているという報告は多数みられます。

しかし、シミの治療にプロトピック軟膏が使用されるというのは、私は聞いたことがありませんのでコメントすることができません。
| 院長 | 2011/04/02 11:13 PM |
こんにちわ 質問をさせてください。突然、肌に赤みがでて、それを繰り返し、肌全体に、ロコイド3カ月、ボアラ2週間使っていました。今はだいぶんひきましたが…。肌荒れの影響か、ほほに赤い炎症が残っていて、トータルでロコイド1週間、ぼあら3日ぬりましたが、しばらくたつと赤みが出てしまいます。
いまは、プロトピットをぬって4日ですが、ますます赤くなったようなきがします。
このまま、炎症がシミになってしまうのではないかとすごく心配です
このまま、経過をみたほうがいいでしょうか?
それとも、ステロイドとかで直したほうがいいでしょうか?
ステロイドをたちたいと思い、1週間くらいつかってはいませんが赤みが大きいのでシミが心配です。(今までの炎症もシミになりました)
申し訳ありませんがよろしくお願いします


| さくら | 2011/05/25 11:28 PM |
いつも先生に診察して頂いてるものです。
この間、診察時に質問し忘れてしまったのでこちらで質問させて頂きました。
顔と首にプロトピックを塗っています。少し症状が強くなったので4〜5日程ステロイドに変更し治まってきたのでまたプロトピックに変更しました。
赤みは消えても左頬と右顎らへんが黒ずんだ感じがあります。色素沈着は薄くする事は出来ますか??
それと、プロトピックやステロイドを使っていると大きいニキビが出来やすい気がします…市販のビタミン剤を毎日飲んでますが、やはり出来やすいです。それは防げないものでしょうか?
今後もよろしくお願いします!
| あっこ | 2011/05/28 4:55 PM |
「さくら」さんの質問に回答いたします。

当然のことですが、このブログ上で診察をすることはできません。

症状の経過は、実際の症状を診察している担当医に伝えるようにしてください。
また、治療方針についても、実際の症状を診察している担当医とよく相談するようにしてください。

なお、炎症後色素沈着については以下のブログも参考にしてください。

「ステロイドを塗ると皮膚が黒くなる?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=295899
「炎症後色素沈着」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=282181
| 院長 | 2011/05/31 11:41 AM |
「あっこ」さんの質問に回答いたします。

炎症後の色素沈着は徐々に軽快すると思いますが、積極的に治療するのであれば、ハイドロキノンなどの美白剤を併用していくことも可能です.
ただし、アトピー性皮膚炎等の慢性湿疹が原因の炎症後色素沈着であれば、皮膚炎の再燃を抑制していくことの方が重要であると言えます。
もちろん、紫外線の予防が重要であることは言うまでもありません。

以下のブログも参考にしてください。

「炎症後色素沈着」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=282181
「さざ波様色素沈着」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=359183
「ステロイドを塗ると皮膚が黒くなる?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=295899
「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
「ハイドロキノン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=203791


また、プロトピックやステロイド外用薬などを使用していると、皮膚の免疫反応を抑制する訳ですから、どうしてもニキビの悪化につながってしまいます。
一方、ニキビの治療薬には、皮膚の乾燥や皮膚炎の悪化につながるものが多いと言えます。
ですから、皮膚炎の治療を優先するかニキビの治療を優先するかについては、その症状次第だと思います。
まずは、最も困っている症状から徐々に治療をされてはいかがでしょうか。

以下のブログも参考にしてください。

「ニキビ治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=835420
| 院長 | 2011/06/01 10:48 AM |
はじめて投稿します。
10年ほど前にプロトピックを処方され赤ら顔がかなり改善したのですが同時にヘルペスが頻発するようになりロコイドを使うようになりました。
しかし、最近、ロコイドで赤ら顔が押さえきれなくなり、再びプロトピックをすすめられ、使うようになりました。しかし、ヘルペスの頻発が恐いので、使用頻度を週に1、2回にとどめ、バルトレックスを常備しています。
プロトピックは確かに赤ら顔をおさえてくれますが、使用頻度が少ないせいか毎回、灼熱感があります。
もう、使用して2ヶ月はたちます。使用頻度をあげないほうがよいですよね。塗ってから24時間は灼熱感で落ち着かず、その後は快調です。
これからの方針ですが、できるだけ使用頻度は減らしたいと思ってますが、間隔をあければ、塗ったときの灼熱感が気になります。効果はでているのでしかたがないのでしょうか?
| 健太郎 | 2013/02/25 1:52 AM |
「健太郎」さんの質問に回答いたします。

薬剤の効果(作用)と副作用についての問題かと思われます。
これは多くの薬剤について言えることだと思いますが、効果と副作用を天秤にかけて、明らかに有効性の方が上回る場合に治療薬として選択することになります。

もちろん、このブログ上で診察をすることはできませんし、今までの治療経過を診てきた訳でもありません。
ですから、今後の治療方針として何を選択するべきかは、今までの経過を診てきた先生と相談するのが望ましいと考えられます。
| 院長 | 2013/03/06 7:08 PM |
コメント欄から失礼します。
現在プロトピックを1日2回、顔に処方されていますが、プロトピックを使い始めてからニキビができやすくなって、ときどき使用をやめたくなります。
医者はニキビができたら「ナジロキサンを出すから塗り分けて」と言うんですが、ナジロキサンの上にプロトピックを塗ってしまったらニキビが悪化しそうで、怖くて、ニキビの周り(湿疹治りかけでプロトピックを使うよう言われてる範囲)にプロトピックを塗れません。
結局、ニキビが治まるころには、プロトピックを塗れなかった範囲の状態が悪くなっていて、いたちごっこというか、「あちらを立てればこちらが立たず」の状態です。
ナジロキサンの上にプロトピックを塗ってしまっても、何も問題ないんでしょうか?
月2回しか通院できず、あがり症で診察のときに質問する余裕がないので、可能であれば、こちらで回答をお願いしたいと思います。
| 保奈美 | 2013/05/17 12:18 PM |
「保奈美」さんの質問に回答いたします。

ステロイド剤や免疫抑制剤を使用すると湿疹は軽快しますが、感染症は悪化するため、ニキビも悪化しやすいです。
逆に、ニキビの治療薬には皮膚を乾燥させてしまうものが多いため、湿疹が悪化しやすいです。

この両方を治療していくのは難しいのですが、共通して言えることは、十分な保湿を行うのが重要であるということです。
湿疹もニキビも、薬剤による治療はもちろん重要なのですが、乾燥を防ぐことで悪化を予防することも重要なのです。

今後は、どの薬剤を使用するかだけではなく、症状が悪化しないようにどのようなケアができるかについても気を配るようにしてみてください。

以下のブログも参考にしてください。

「治せ!アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197325
「ニキビ治療ガイドライン」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=835420
「ディフェリンゲルの使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1124484
「当クリニック取り扱い保湿剤 AD パーフェクトバリア」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1151886
| 院長 | 2013/05/17 5:44 PM |
はじめて投稿させて頂きます。35歳の主婦です。
半年ほど前から急にアトピー性皮膚炎になりました。1ヶ月前から症状が悪化し、顔全体に痒みと赤み(炎症)、特に目の周りが真っ赤で、先日プロトピックを処方されました。
ネットでプロトピックを検索しているうちに怖くなり、正直使いたくないです。
でも、今は顔の赤みが悩みの種で、人に会いたくないし、精神的に鬱状態です…。プロトピックを使用すれば、解決するようにも思います。
ただ、今後妊娠を希望しており、妊娠時にすぐに止められるのか?また、ステロイド軟膏も適切に使用できず現在に至っているのに、プロトピックは適切に使用出来るか不安です…。
どうしたら良いのでしょうか?アドバイスをお願い致します。
| きのこ | 2013/05/19 9:03 PM |
プロトピックを顔に塗ったのち、数時間してから風呂であつめのお湯をかけると何とも言えない感覚におそわれるのですが、あれはなんでしょうか? 痒いというか、なんとも表現しずらいのですが。
| 健太郎 | 2013/05/19 9:52 PM |
「きのこ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできません。
診察をしていない私に「どうしたら良いのでしょうか?」と質問するより、実際の症状を診察している担当医から詳しい説明を受けられてはいかがでしょうか。

治療が順調に進んでいるのか、薬剤は適切に使用できているのか、頻繁に担当医の診察を受けるようにするというのも良いと思います。
| 院長 | 2013/05/20 6:27 PM |
「健太郎」さんの質問に回答いたします。

プロトピック軟膏は、液滴分散法という特殊な製法の外用薬です。
プロトピック軟膏を使用した患者さんの約80%、プロトピック小児用軟膏軟膏を使用した患者さんの約60%に、外用部位のピリピリ感や灼熱感、あるいは痒みといった刺激感を伴う特徴があると言われています。

皮膚の状態によって個人差があると思われますが、1週間程度使用を継続して皮膚炎の状態が改善してくれば、刺激感が無くなってくることが多いようです。
それでも刺激感が治まらない場合は、実際の症状を診察している担当医と今後の治療方針について、よく相談するようにしてください。

以下のブログも参考にしてください。

「プロトピック軟膏の使い方」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=455198
| 院長 | 2013/05/20 6:35 PM |
幼少の頃よりアトピーの38歳です。プロトピックを塗ると赤ら顔が落ち着きますが、翌日から日焼けのあとのようにポロポロと皮膚が粉をふいているようになります。
目立たなくしたいのでワセリンをぬってしのいでいます。
皮がポロポロとはがれおちたあとは一週間くらいプロトピックを塗らなくても落ち着いています。
現在の悩みはプロトピックを塗った後に粉がふいたようになることです。
30代後半になってからはこの皮脂不足が顕著で風呂でもせっけんをほぼつかわないのですが、こんな状態です。
プロトピックを塗った後のこの状態はしかたないのでしょうか?
また、皮脂を補うよい方法はないのですか?
皮脂の分泌を促進する薬や食べ物などはありませんか?
| 健太郎 | 2013/07/15 8:36 AM |
再び「健太郎」さんの質問に回答いたします。

「赤ら顔が落ち着き」その後に「日焼けのあとのようにポロポロと皮膚が粉をふいているように」なるのは、まさに日焼けと全く同じ症状・経過だと思います。

日焼け(日光皮膚炎)でも湿疹(アトピー性皮膚炎)でも、炎症で赤みが続いた後は、炎症後の色素沈着(皮膚が黒くなる)や落屑(皮がむける)といった症状の経過になるからです。
つまり、そのような症状・経過を繰り返しているということは、皮膚の炎症が治まったり悪化したりを繰り返しているということになります。

ブログ本文中にも記載しましたが、プロトピック軟膏を寛解導入療法(湿疹を治していく)として使用するだけでなく、寛解維持療法(湿疹が治まった状態を保つ)として継続していくことが重要であると言えます。

プロトピック軟膏もワセリン基剤です。
ですから、皮膚炎が無い部位には、ワセリンを塗ってもプロトピック軟膏を塗っても同じでしょう。
しかし、皮膚炎が再燃した部位にはプロトピック軟膏が皮膚へ浸透し始めるため、寛解維持療法として有効な訳です。
| 院長 | 2013/07/22 12:28 PM |
はじめまして。検索でたどり着きました。

顔用にプロトピックを処方していただくようになり、びっくりするほど肌荒れが改善したのですが、あるとき先生から「あなた、その年ならもう妊娠することないわよね?」と突然聞かれ、実は妊娠したいことを言い出せませんでした。
(この先生にかかってから他の病院では全く治らなかった症状が改善されたので、医師としては信頼しているのですが、
無愛想で診察時間もいつもかなり短いのです…)

妊娠しないから、という前提でプロトピックを処方されたのですが、妊娠にどのような影響があるのか気になりそれ以来使用を控えています。そのため顔のアトピーが悪化してつらいのですが…。

プロトピックと妊娠にどのような関係があるのか教えていただければ幸いです。
| もも | 2013/07/25 4:38 PM |
「もも」さんの質問に回答いたします。

内服薬(飲み薬)の多くは、安全性が確認されていないため、妊娠中の使用を避けるように言われています。
プロトピック軟膏は、内服薬ではありませんが、やはり妊娠中の使用に安全性が確認されておらず、動物実験においては、催奇形作用(胎児に奇形)が報告されています。
そのため、妊娠中のプロトピック軟膏の使用は禁忌とされています。

実際には、妊娠中に内服薬を継続している人もいるでしょうし、妊娠が発覚するまでプロトピック軟膏を使用している人もたくさんいるかも知れません。
プロトピック軟膏の使用が妊娠にどれほど影響を及ぼすのかは、私にも分かりません。
ですが、妊娠が分かった時点で、プロトピック軟膏の使用を控えるように指示しています。
| 院長 | 2013/07/30 6:37 PM |
プロトピックを使っています。
酒さ様皮膚炎にならないか不安です。
先生はプロトピック酒さの患者さんを診たことはありますか?
また、プロトピック酒さにならない塗り方などありましたら教えて下さい。
今年の8月からプロトピックを夜のみ少量(米粒もないぐらいの量を、おでこ、両こめかみ、両ほほに薄く塗っています。)
| ゆう | 2015/10/25 1:05 PM |
「ゆう」さんの質問に回答いたします。

プロトピック軟膏が原因の「酒さ」というのは、学会発表になるくらい珍しいことであり、私自身でもほとんど経験がありません。

ましてや「プロトピック酒さにならない塗り方」というのは聞いたことがありません。
| 院長 | 2015/10/26 9:57 AM |
先生、コメントありがとうございます。
実は私の主治医にも同じ質問をした事があるのですが、答えは住吉先生と同じでした。
『今までプロトピック酒さの患者を見たことがない』でした。
住吉先生も同じ答えで安心しました。
しかし、インターネット上にはプロトピックで酒になった、というかなりの数の記事やコメントで溢れています。
また、プロトピック酒さ(酒さ様皮膚炎)を見抜ける皮膚科医はほとんどいない等とも書いてあり、とても不安になります。
ステロイドは過去にバッシングされた事もあり、ステロイドを否定する材料はたくさんありますが、プロトピックにはそれがない為、アトピービジネス関係の人たちが色々なサイトで言ってるだけなのでしょうか。
| ゆう | 2015/10/31 2:37 AM |
「ゆう」さんのコメントに回答いたします。

個人情報の問題もありますのでブログ上で細かい話はできませんが、プロトピック軟膏が原因と思われる「酒さ」というのは実際に報告があり、当院にもそのような訴えで来院される患者さんがいらっしゃいます。
しかし、それを証明するのが難しかったり、他に良い治療法が無いというのが現状と言えます。

全ての薬剤に言えることかも知れませんが、作用(期待している効果)があれば副作用(期待していない効果)があるものです。
作用が強く副作用が弱い薬剤を選択していくことが重要なのは言うまでもありませんが、まれな副作用に左右され過ぎるというのは得策とは言えません。
| 院長 | 2015/11/02 10:38 AM |
ありがとうございます。
ステロイドによる酒さ様皮膚炎は判断しやすいのでしょうか?
プロトピックによる酒さ様皮膚炎とステロイドによる酒さ様皮膚炎に見た目や症状による違いはありますか?
ステロイド酒さはプロトピックが効果があるらしいですが、それでプロトピック酒さになった場合ステロイドに戻すのでしょうか?
プロトピック酒さの場合はステロイドもプロトピックも塗れなくなるのでしょうか?
| ゆう | 2015/11/02 8:43 PM |
再び「ゆう」さんの質問に回答いたします。

ステロイドによる酒さ様皮膚炎というのは、プロトピックによるものに比べれば、それほど稀な疾患という訳ではありません。
実際に、症状や経過から容易に判断できる場合も多いでしょう。
一方、プロトピックはステロイドほど頻繁に使われている薬剤ではなく、それ自体に灼熱感などの刺激感を生じやすいため、診断はより難しくなると考えられます。

当然のことですが、ステロイドが使用できずにプロトピックを使用していた患者さんが酒さ様皮膚炎を生じた場合、悪化することが分かっているステロイドに戻すということはあり得ないと思います。
ですから、ステロイドもプロトピックも使用を避けるというのが治療の第一歩ということになります。

なお、質問の内容がタイトルの「プロトピック軟膏の適切な使用量」から外れてきているようですので、今後の質問は実際の症状を診察している担当医にお願いいたします。
| 院長 | 2015/11/04 6:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1197095
トラックバック