CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「やさしさに包まれたなら」荒井由実 | main | 老人性血管腫(ruby spots) >>
「Fire Burning」Sean Kingston


Sean Kingston(ショーン・キングストン)の「Fire Burning」を紹介いたします。

Sean Kingston は、アメリカ・マイアミ生まれ、ジャマイカ育ちの19歳です。

17歳で華々しいデビューを飾り、レゲエ界のニューヒーローと呼ばれるようになりましたが、彼の音楽は、レゲエとポップあるいはヒップホップを上手に融合させているのが特徴と言えるでしょう。

2年が経過し、すっかり大人びた感じがある Sean Kingston ですが、しっかりと未来を見据えたアーティストに成長しており、その辺りが今回のアルバム「Tomorrow」のタイトルにつながっているようです。

Fire Burning」は、お祭り騒ぎのような楽しさが溢れるダンスミュージックです。

Somebody call 911,
(誰か消防車を呼んでくれ)
Shawty's fire burning on the dance floor
(ダンスフロアで、彼女が真っ赤に燃え盛っている)


この曲は、今夏に繰り返し聴いた曲の1つでした。

Fire Burning」は、今年発表されたセカンドアルバム「Tomorrow」に収録されています。
| 院長の音楽日記 | 21:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
この曲を探していました!!。誰が歌っているのか知りたくて。
ありがとうございます!
今、私が受けているヒップホップのレッスンで使われている曲です。
とても楽しく踊れるナンバーです♪

他にも色々紹介してくれているので、聞いてみますね☆
| 阿波女 | 2009/10/30 2:56 PM |
「阿波女」さん、コメントありがとうございます。

Sean Kingston の歌声は、とても聴きやすくて良いですね。
今年は沖縄をドライブする時に何回も「Fire Burning」を聴きました。
夏の海にピッタリの曲だと思います。
| 副院長 | 2009/10/30 3:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1128822
トラックバック