CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Good Days Bad Days」Kaiser Chiefs | main | 「Cinematic」Jessi Malay >>
自家感作性皮膚炎

接触皮膚炎(かぶれ)など、1ヵ所に限局している皮膚病変が急激に悪化すると、全身の他の部位に痒みを伴う紅斑(赤み)や丘疹(ぶつぶつ)が出現する場合があります。

これは「自家感作性皮膚炎(じかかんさせい ひふえん)」と呼ばれており、限局した皮膚病変に対するアレルギー反応によって生じると考えられています。

自家感作性皮膚炎の原因には、接触皮膚炎貨幣状湿疹うっ滞性皮膚炎などがあり、下腿の湿疹病変原発巣になることが多いと言われています。
その他にも、足白癬水虫)や湿疹の二次感染のような細菌感染が、自家感作性皮膚炎の原因になる場合もあります。

自家感作性皮膚炎では、同じような種類の発疹紅斑や丘疹など)が左右対称多発し、激しい痒みを生じるようになります。
重症の場合、発熱や全身の倦怠感などを伴うこともあります。

治療には抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)の内服を必要とし、ステロイド外用薬も使用します。
症状によっては、短期間ステロイド内服を併用する場合もあります。

もちろん、原因となった皮膚病変(原発巣)の治療をしっかり行う必要があることは言うまでもありません。
| 肌のあれこれ | 15:43 | comments(47) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
初めまして。9才の娘が一年前に四肢にひどい接触性皮膚炎を起こし、以来自家感作性皮膚炎に苦しんでおります。
原発巣は既に完治しているにもかかわらず、毎日のように新生発疹ができます。
ジルテック、アイピーディを飲み、マイザー、オイラックスの混合を塗り、亜鉛化軟膏で覆い登校させていますが、部活や習い事(剣道・水泳)もできない生活です・・・。体中、掻爬跡と色素沈着でかわいそうです。
一度慢性化してしまうと、感作は抜けないのでしょうか?
今更ステロイドの内服は無意味でしょうか?
湿疹が消失する気配はまったくありません・・・。
もともと肌が丈夫できれいな子だっただけにショックが大きくて辛いです。
時間がたてば、良くなる(できなくなる)のでしょうか?
不安で仕方がありません・・・。
| ういんぐ | 2009/06/23 1:10 PM |
「ういんぐ」さんの質問に回答いたします。

「自家感作性皮膚炎」というのは、原発巣で生じている炎症や感染が激しいために、原発巣の組織破壊産物や細菌・真菌の代謝産物が、血液の流れを介して全身に散布されることで発症する(イド反応)と考えられています。

ですから、原発巣が完治していれば、自家感作性皮膚炎は生じないと思います。
診察を担当している皮膚科専門医とよく相談してみてください。
| 副院長 | 2009/06/24 12:12 PM |
早々のお返事、ありがとうございました。
以前大学病院にて採血し、抗核抗体にて補体の高値を指摘されました。
自家感作性皮膚炎になると、補体は一旦下がり、後に高値を示すそうです。
歯科治療、扁桃、いろいろと原発巣を探しましたが、特に異常は見つかりません。膠原病も否定です。

ご指摘のとおり、私も自家感作性皮膚炎を通り越しているのではと思います。
お忙しい中、親切な対応を頂き嬉しく思っております。
ありがとうございました。感謝致します。
| ういんぐ | 2009/06/25 12:46 PM |
初めまして!
私は二週間前から自家感作性にかかりました。
ひにひにひどくなっていき、今は足全体にぼこぼことでています。
必ず治りますでしょうか。綺麗に治った人もいますか?治った人が居るなら早い人でどれくらいでなおりましたか?本当の事を教えてください。 ショックと心配でかなしくなります。





| のん | 2009/09/27 1:44 PM |
「のん」さんの質問に回答いたします。

「自家感作性皮膚炎」を生じるためには、必ずその原因があるはずです。
つまり、自家感作性皮膚炎を治療するためには、その原因となっている皮膚病変の治療まで十分に行う必要があります。

当然のことですが、重症度によって治療方法も治療期間も異なります。
ですから、「どれくらいで・・・?」という質問は、実際の症状を診察している担当医に質問するようにしてください。
| 副院長 | 2009/09/29 4:49 PM |
初めまして。突然失礼します
小6の娘ですが8月下旬頃の虫刺されからとびひになりました。
目に見えてひどいなと感じたのは9月中頃でした
腕、足と数十か所あり受診がかなり遅れ(初めての受診は9/28)汁が出て酷い状態でした。
皮膚科受診後、とびひは表面も乾きかなり治ってきましたがとびひが回復に向かう中、小さな湿疹が大量に増え再び受診、自家感作性皮膚炎と言われました。
現在内服薬と軟膏で治療中ですが爆発的に増えるのは治まったものの、小さな湿疹は毎日5〜6か所ずつくらい増えています。
初期のとびひの治療が遅れたのが原因と思いますがストレスも関係してるとネットで見かけ気になっています。
子供のとびひからの自家感作性皮膚炎でもストレスは関係するんでしょうか?
とびひが治る事によってましになっていくだろうと治療を続けていますが少しずつ増えていく湿疹に不安になっています。完治していくんでしょうか?
最初ひどかったとびひは、表面がほぼ乾き快方に向かい、猛烈な痒みはずいぶんましになったと言ってます。
お返事いただければ有難いです。
| 更紗 | 2009/10/09 11:10 AM |
「更紗」さんの質問に回答いたします。

精神的ストレスが増えることによって皮膚症状が軽快するということは通常では考え難いですから、そういう意味では多少の悪影響があったのかも知れません。

なお、このブログ上で診察することはできませんので、症状の経過や今後の治療に関しては、実際に診察を担当している皮膚科医(できれば皮膚科専門医)に相談するようにしてください。
| 副院長 | 2009/10/14 3:21 PM |
はじめまして
自家感作性皮膚炎について調べていて、こちらのページにたどり着きました。

父のことなのですが、3年ほど前から自家感作性皮膚炎の症状によく似た湿疹、かゆみに悩まされています。

初めの1年は水虫だろうと診断され、水虫の薬を処方されていたのですが治らずに悪化、足から始まった湿疹が、現在は手足顔に出るようになりました。
2年目からは「多分何かのアレルギーでしょう」と塗り薬(内容未確認です。すみません)を処方され、その薬を塗っている間だけは湿疹がおさまるのですが、薬がなくなるとすぐに再発します。
現在、根治はあきらめて薬をもらいに通っている感じです。
風邪で抗生物質を処方されると、それを飲んでいる間、湿疹の方は少し調子がいいようなことを言っています。

3年前にこの症状が出る少し前、火傷で通院していたので、それが引き金ではないかと思います。
その火傷は治ったのですが、火を使う仕事をしているので、時々大なり小なり火傷をすることがあります。
こういう状況だと、自家感作性皮膚炎が慢性化することはあるのでしょうか?

自家感作性皮膚炎という症状を知ってから、担当の先生に検査をお願いしました。
すると、採血でハウスダストや花粉などのよく聞くアレルギーの検査をしてくださったのですが、どの項目も特に問題がなく、現在の塗り薬で治療を続けましょうということでした。
自家感作性皮膚炎を疑った場合、これだけの検査でわかるのか疑問です。
「かゆみがおさまるだけマシ」とこの先ずっと塗り薬と付き合っていくべきか、別の病院を探して相談してみたほうがいいのか・・・
父はあきらめモードですが、私はもしもよくなる可能性があるのなら探してあげたいと思っています。
何か良いアドバイスをいただければと思い、書き込みさせていただきました。どうぞよろしくお願いします。
| サニー | 2011/02/20 10:26 PM |
「サニー」さんの質問に回答いたします。

まず初めに、このブログ上では診察を行うことができないということをご理解ください。
診察をしていない私には、現在の症状を診断することも治療方針を決めることもできません。

「自家感作性皮膚炎」ということであれば、感作される原因となった元の症状があるはずであり、特に血液検査が参考になるとは限りません。
一般的には、感作される原因となった元の症状を治療するのはもちろんのこと、全身に拡大したアレルギー症状の治療として内服薬による治療が必要になると思います。

他の医療機関を受診する場合は、前医での経過が長いのであれば、紹介状を準備してもらった方が良いかも知れません。
| 院長 | 2011/02/22 11:40 AM |
お忙しい中の回答ありがとうございます。

現在かかっている先生に、「自家感作性皮膚炎と湿疹がよく似ているのですが」と新聞の切り抜きを持って行ったところ、「その切り抜きをください」と言われたそうです。
この対応から、担当医は自家感作性皮膚炎を知らなかったのでは?と思ってしまいました。
そういう状況での血液検査結果等でしたので、疑っては悪いのですが今一つ納得がいきません。

住吉先生のように、きちんと知識のある方に診察していただいて「自家感作性皮膚炎ではない」ということでしたら、こちらも納得がいきますし、では次にどうしましょうと考えられるのですが・・・。

ちなみに、父の家の近くに順天堂越谷病院があるのですが、そちらの先生は自家感作性皮膚炎についても知識のある先生でしょうか?なんて書いても、お返事しにくいですね (^_^;)
いっそ住吉先生の医院へ行ってみることも含めて、他の医療機関受診を父に話してみようと思います。

ありがとうございました。
| サニー | 2011/02/22 7:03 PM |
再び「サニー」さんの質問に回答いたします。

私は、このブログ上で他の医療機関の批評を行うつもりは全くありませんが、皮膚科医でありながら「自家感作性皮膚炎」についての知識が無いということは考えられません。

信頼できる医療機関を受診するための目安として、皮膚科であれば皮膚科専門医の資格を有する医師のいる医療機関を受診するのが無難かと思われます。
全国には、2011年2月現在で5837名の皮膚科専門医がいます。
皮膚科専門医は、日本皮膚科学会ホームページの「専門医マップ」で検索することができます。

「日本皮膚科学会」
http://www.dermatol.or.jp/
| 院長 | 2011/02/22 8:39 PM |
教えていただいたホームページを参考に、信頼できる医療機関を探してみます。

何かで受診しようと思ったとき、地域の評判などを参考に医療機関を選びますが、結局はイチかバチか的なところがあると思います。良い医師に巡り合えればラッキーですが、なかなかうまくもいきません。

住吉先生のように、気軽に相談を受け入れてくださり、迷える患者に的確なアドバイスをいただけると本当に助かります。ありがとうございました。
| サニー | 2011/02/22 10:33 PM |
はじめまして。

私の父も自家感作性皮膚炎に悩まされてもう五年になります。
初めは円形の大きな痣の様なものができ、その部分のみが痒くいだけでした。

病院に行くのが嫌いな為、放置していると治まりましたが、治まった後で今度は全身に強い痒みが伴い、全身に痣の様なものができるようになりました。

今、父は皮膚科で治療をおこなっておりますが、赤み、かぶれ、発疹、前述のような痣の様なものができる等、ありとあらゆる皮膚症状がでていっこうに薬が効く気配がありません。

父の場合、原因は最初の痣の様なものだと思いますが、治療せずに治まっていて今はどこに原因があるのかがわかりません。

この病は早期治療が鍵であるような感じを受けます。もし、早期治療が出来なければどういった治療をしていけば良いのでしょうか。

長々と申し訳ありません。
お返事を頂ければ幸いです。
| ノッポ | 2011/10/26 8:53 AM |
「ノッポ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察をすることはできませんので、現在の「自家感作性皮膚炎」の原因が何であるのか、私には分かりません。
まずは、原因(何に自家感作された皮疹であるのか)が分からなければ、治療方針も決まらないのではないかと思われます。
そもそも、自家感作されるような原因病変が無ければ、自家感作性皮膚炎という診断には至りません。
もし、原因となる病変が軽快しているのであれば、自家感作性皮膚炎も消失しているはずです。

ですから、実際の症状を診察している担当医から、診断や治療についての詳しい説明を受けられてはいかがでしょうか。
| 院長 | 2011/11/02 12:46 PM |
年末に突然のコメント失礼いたします。

実は弟が自家感作性皮膚炎と診断されて、
現在治療中です。

これから年末年始に泊まりに行くのですが、
痒さに耐えている弟には悪いと思いつつ、
2歳の娘にうつったりしないか心配でなりません。

自家感作性皮膚炎という病気は、まだ小さい子供にも
うつったりしないものでしょうか?

お忙しいところ大変申し訳ないのですが、
お返事を頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
| 心配性の母 | 2011/12/29 8:38 PM |
「心配性の母」さんの質問に回答いたします。

ブログ本文中にも記載した通り、自家感作性皮膚炎というのは、限局した皮膚病変に対するアレルギー反応によって生じる皮膚炎です。
感染症ではありませんので、他人に感染することはありません。
| 院長 | 2012/01/12 12:17 AM |
2010年8月にブヨに両足首を50箇所位刺され、11月には全身に発疹が出ました。
自家感作成皮膚炎と診断され6ヶ月飲み薬、塗り薬で全身の発疹、痒みは収まっていたのですが、2012年最近まだ赤く残る足首がかゆくなり、そのせいか分からないのですが全身に発疹がでました。今コレステロールの薬を飲んでおりますが、1月よりジェネリックのお薬にかえました。その副作用かわかりません。どうしたらよいでしょうか?
| なおみ | 2012/03/24 2:21 PM |
「なおみ」さんの質問に回答いたします。

残念ながら、このブログ上で診察をすることは不可能です。
診察をしていない症状に対して「・・・どうしたらよいでしょうか?」と質問されましても、私には回答することができません。

実際の症状を診察している担当医とよく相談されてはいかがでしょうか。
必要があれば、他の医療機関宛に紹介状を準備していただくこともできるはずです。
| 院長 | 2012/03/31 3:18 PM |
先日は貨幣状湿疹の相談させていただきましたが、その節は大変お世話になりました。
先生からのお返事の中で自家感作性湿疹のブログを開き拝見いたしました。症状が大変類似しており、病原体を早く治したいです。まだいまの薬では自家感作も病原体も抑える事が出来ないので主治医に相談いたします。

また新たにお伺いしたいのですが、自家感作性湿疹が出る条件があるとするならどんな時なのでしょうか?私なりに原因を挙げてみてると発汗・体温上昇・ストレス…その中でも共通してるのが仕事の日の夕方に発症します。

お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。
| マロン | 2012/07/16 10:10 PM |
「マロン」さんの質問に回答いたします。

「自家感作性皮膚炎」を生じる原因(条件)としては、接触皮膚炎(かぶれ)などの皮膚炎が多いと思いますが、足白癬(水虫)なども原因になり得ます。

いずれも、炎症が激しかったり、症状が改善していない状態が続いていることが条件(原因)になるでしょう。
| 院長 | 2012/07/21 6:16 AM |
初めまして。

私の父が大学病院で自家感作性皮膚炎と診断されて、2年が経とうとしています。

初めは赤外線治療などの提案も受けましたが、結局内服薬と塗り薬の処方を受け、定期的に通院しています。

ステロイドを使用していた頃は出たり引いたりを繰り返していましたが、先日長期ステロイドを使用するのは避けたいとのことで、脱ステロイド状況となりました。

現在は、顔、手足、胸、背中と全身に広がっており、見るに耐えない状況です。

診断を受けてから2年経過した今となっては、原発巣を特定するのも難しいように思います。


もし、日常生活でアルコール、タバコ、食生活など気をなければいけないことなどあれば些細なことでも結構ですので、お教え頂けないでしょうか?

自身の免疫力を高め、克服できることもあるのでしょうか?


ご多忙のことと存じますが、どうぞ宜しくお願い致します。
| ひらみゆ | 2012/07/27 12:24 AM |
「ひらみゆ」さんの質問に回答いたします。

すでに2年も経過し、原発巣を特定するのも難しいような状態であれば、もはや「自家感作性皮膚炎」という範疇の症状ではないように感じられます。

「慢性湿疹」として治療していくことになるのでしょうが、難治性で繰り返し悪化しているのであれば、「アトピー性皮膚炎」の可能性が高そうですし、「菌状息肉症」といった皮膚のリンパ腫である可能性も考慮すべきだと思います。

診断ができなければ治療方針を考えることもできませんが、アルコールやタバコによって皮膚症状が改善することは考えにくいですし、規則正しい生活を送るようにした方が良いと考えます。

以下のブログも参考にしてください。

「アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=441189
「この湿疹はアトピー?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=134454
「治せ!アトピー性皮膚炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197325
「類乾癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=758246
「局面状類乾癬」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=748800
| 院長 | 2012/07/31 7:06 AM |
はじめまして。
お忙しいところすみません。

2週間少し前に右肘の内側に湿疹ができ、掻き壊してしまいました。
そのあと、少しずつ身体中に左右対称の湿疹が広がり、痒くてたまりません。
両頬と耳にも症状があります。

皮膚科専門医にかかっていますが、原因不明と言われ、
ステロイド外用薬とタリオンの服用をしています。

一週間前から両腕が肩から手の甲にかけて浮腫み、
内科で膠原病の血液検査を受けることになりました。

私は症状や経緯が自家感作性皮膚炎にとてもよく似ているように思っています。
文字内容からだけでは診断はできないとのことですが、
自家感作性皮膚炎で、部分的に浮腫みが生じることはありますでしょうか?
膠原病だったらと思うと結果が出るまで不安で、居ても立ってもいられず
少しでもいろいろな可能性を知りたいと思いましたので
診断がつかないのは承知の上でお聞き致したく、書き込ませていただきました。

お忙しいところ不躾な質問で申し訳ありませんが、ご回答よろしくお願い致します。

| さく | 2013/01/12 4:19 PM |
「さく」さんの質問に回答いたします。

すでに皮膚科専門医の診察を受けているのであれば、実際の症状を診察していない私のコメントよりも、実際の症状を診察している皮膚科専門医あるいは内科医から説明を受けられてはいかがでしょうか。

一般的には、「両腕が・・・浮腫み」というのは、湿疹や皮膚炎の症状では無いと思われます。
| 院長 | 2013/01/14 4:24 PM |

こんばんは。
大変お世話になっております。

先月「自家感作性皮膚炎」になってしまい、ネットでいろいろ調べていてこちらにたどり着きました。

それからひと月、先生のブログを何度も何度も拝見しております。

長くなりますが症状の経緯を記します。↓

4月中旬に、お化粧品の重ね付をしたことがきっかけでお化粧品を塗った首の部分が広範囲でかぶれてしまいました。
その時すぐに病院に行けばよかったのですが、人生30年以上ずっと「肌がきれーい!!」と褒められ続け、かぶれや湿疹とは無縁だったため、すぐに治るだろうと思い治療をせずにいました。
5日後、首の赤みがどんどんひどくなりかゆみまで生じるようになった為、近所の内科(皮膚科もやっている所です。)を受診。
こちらでは「デルモゾール軟膏」と「アレロック」を処方されました。

デルモゾール軟膏を塗ったところ、首のかぶれは2〜3日で治まりましたが、受診した日から胸の下(バストライン)に赤い丘疹が20から30ほども広がりはじめ、「今日飲んだアレロックのせい?」と勝手に判断し、飲み薬を1日で中止。

3日後、同じ病院に行き症状を話したところ「アレロックでそんんな症状が起こるはずはない。洋服の柔軟剤や洗剤のせいだ」と言われました。

この医師の診断に納得がいかなかったわたしは2件目の病院を受診。2件目では「アレロックによる薬疹だね。」と言われ、塗り薬のみで治していこうと言われ「レスタミンコーワクリーム」を処方されました。
けれど、このクリーム、1週間塗っても10日塗っても治らない。。。。

このあたりで自分でネットで調べはじめ「自家感作性皮膚炎では?」と気づき始めました。けれど、そう診断してくれるお医者さんはいません。

しびれを切らし、3件目の病院へ。
(皮膚科学会にも所属している皮膚科専門医です。)
そちらの女医さんの診断は、「細菌性=ウイルスによる湿疹よ。旦那さんや子供にうつるわよ!
塗り薬も飲み薬も出さないから、自然治癒力で治したら?」との言葉。。。。

もう、この女医さんの言葉を聞いていた時には絶望感に近い感情におそわれ、「どうして自家感作性皮膚炎って見抜けるお医者さんがいないんだろう。。。」と悲しくなってきました。


丘疹は足にまで拡がりはじめ、お風呂に入る時には自分の肌が別人の肌のようにきたなくなってしまったことの悲しみで毎日泣いていました。
我慢の限界を迎え、ついに東京西部の田舎から2時間をかけ住吉皮膚科へ。。。

住吉先生はひとめで「自家感作かな」と、見抜いてくださり、「1日だけステロイドの内服と、翌日からは別の飲み薬を。。。」と処方して下さいました。

(*この時点で、丘疹は大げさではなく全身に1000くらいに増えていたと思われます。)

そして、
住吉先生の処方して下さったお薬を服用すると。。。。!!!
なんと、翌日にはかゆみが引き、3日後には少しずつ丘疹がおさまってきました!!!
1週間経った今、かゆみは背中のごくわずかの部分のみで、丘疹の拡がりは止まり、赤いぽつぽつはうす茶色になっています。

4度(日数にして20日間)、ほかの病院へ足を運んでも拡がる一方だった皮膚炎が、3日でさーっと引いていき、治る可能性が大きくなってきました!(いえ、確かに治ってきています!!)
ありがとうございます!!!!
感謝してもしきれません!!!


。。。さて。
長くなりすぎましたが、そろそろまとめます。

先生へ質問です。


・「自家感作性皮膚炎」は、見抜けない皮膚科医もいるのですか?

・「柔軟剤のかぶれ」などと誤った診断であっても、処方された薬は飲むべきなのでしょうか?それとも、自分で納得のいくお医者さんを探すべきなのでしょうか?

・「自家感作性皮膚炎は長引く」と経験者があちこちでブログを立ち上げていますが(上のコメントでも「サニーさん」などが何年も患っていると触れてらっしゃいますが。。。)、2年も3年も長引く「自家感作性皮膚炎」というのはあるのでしょうか?

・皮膚病に良い食べ物や飲み物はありますか?
(自家感作性皮膚炎に限らず、皮膚の新陳代謝を助けるような食べ物、身体によい食べ物でも結構です。)

・「自家感作性皮膚炎」を患っている間、生活上で気を付けることはありますか?
(例→ 紫外線に当たらない、刺激物(激辛のもの、あまいもの)を取らない、お風呂に入るとかゆみが広がるのでシャワーだけ、など。。。)


あまりにも長いコメントですみません。

差しさわりのない範囲だけでも結構ですのでお返事頂けたら幸いです。

失礼致します。
| shinomiya | 2013/05/14 10:26 PM |
「shinomiya」さんの質問に回答いたします。

困っていた症状が軽快してきて良かったですね。

私は皮膚科医として診療を行っておりますが、他の皮膚科医の診察内容に対して特にコメントするつもりはありません。

一般に、専門医の判断よりも自己判断の方が毎回正しいということは考えにくいです。
医療連携という観点からも、自己判断でドクターショッピングを繰り返すより、実際の症状を診察している担当医から適切な医療機関を紹介してもらうようにするのが望ましいでしょう。

1年以上も続くような自家感作性皮膚炎というのは、私自身ではあまり経験したことがありません。
もし、自家感作されている原因が見つかりにくいのであれば、大学病院などで精査すべきかも知れません。

「皮膚病に良い食べ物や飲み物」というのは、特に意識したことはありません。
バランスの良い食事に勝るものは無いと思いますが、必要に応じてビタミン剤などを処方する場合はあります。

皮膚炎を生じている場合、皮膚での炎症を悪化させないように心がける必要があります。
例えば、過剰な紫外線照射や過剰な刺激物の摂取、過剰な温熱刺激などは避けた方が無難でしょう。

以下のブログも参考にしてください。

「ドクターショッピング」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=523899
| 院長 | 2013/05/15 10:24 AM |

いつも大変お世話になっております。
わたくしの愚痴のような長いコメントに対して、ご丁寧に返信を頂いていたのにお礼が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

「ドクターショッピング」という言葉を、先生のブログで初めて知りました。
先日、先生の所へ足を運んだのは大袈裟ではなく「助けを求めて」という気持ちだったのですが、お医者様の立場から見れば「次々と病院を変えている」という風に映るのでしょうか?

実際、こちら(地元)では「自家感作性皮膚炎」と見抜けるお医者様はおらず「ウイルスによる皮膚病でしょうから薬も塗らず投薬もせず自然治癒を待ちましょう」などというひどい診療もありました。もしあのまま住吉先生に診て頂けなかったら今でも湿疹は拡がり続けていたという確信に近い気持ちすらあります。(ですので助けて頂いたことにとても感謝しています。)

お医者様の立場からすると、例えば、患者から「自家感作性皮膚炎だと思うのですが違うのでしょうか?」と自分の意見を述べられるのと、そのまま通院しなくなるのとではどちらが腑に落ちないものでしょうか。

* 私は今回、「自家感作」と見抜けなかった医師(投薬も塗り薬もなく〜〜と発言した医師)に「自家感作性皮膚炎ではないかと思っているのですが。。。」という意見を言うことが出来ませんでした。

患者が自分の意見を言う、というのは良いことなのでしょうか。それともそんなことはするべきではないのでしょうか。


度々のコメントで申し訳ありませんがお手すきの時に返信頂ければと思います。


失礼いたします。


| shinomiya | 2013/05/24 10:37 PM |
再び「shinomiya」さんのコメントに回答いたします。

医師も人間ですから、診断を誤ることがあると思います。
時に、素人の判断の方が正しいこともあるでしょう。
しかし、診察や治療を進めていく上で正しい診断に至ることもありますので、自己判断のみを優先して複数の医療機関を受診するのは望ましくありません。
セカンドオピニオンを含め、実際の症状を診察している医師とよく相談した上で他の医療機関を受診する方が、医療連携という観点からも望ましいと考えます。

患者が医師に困っている内容を伝えたり、心配している疾患について相談したりするのは、診察において最も重要なことです。
患者からの訴えが医師に十分に伝わらなければ、分かるものも分からなかったり、治るものも治らなかったりする可能性があります。
逆に、医師からの説明が不十分であれば、正しい治療が行えなくなる可能性があると思います。
| 院長 | 2013/05/28 11:40 AM |

夜分に失礼致します。
また、いつも大変お世話になっております。

お忙しい中、何度もご返信下さりありがとうございました!

大変ご丁寧な説明を頂き感謝しています。
これからもし今回のようなことが起こった時は、複数の医療機関を受診するのではなく担当して下さっている先生と相談の上で他の医療機関を受診もしくは紹介状を書いて頂いて大学病院など大きな機関を受診することにします。

でも通えるなら住吉先生に診て頂くのが一番安心出来るかな、と今は思っていますが。。。

この度は本当にありがとうございました!


それでは、失礼致します。

| shinomiya | 2013/05/31 12:45 AM |
住吉先生、以前はPUPPPのコメントに返信頂きまして
ありがとうございました。

発症のきっかけですが骨盤を締めるベルトの痕が
みみず腫れのようになり、そこを掻き毟った
翌日あたりから腹部を中心に広がった事を
思い出しました。

もしかすると、自家感作性皮膚炎ではないかと
心配になってきました。

PUPPPか自家感作性皮膚炎なのかどこで判断すれば
良いでしょうか。

外見上の違いや効果のある薬の種類に
違いはあるのでしょうか。

アレロックを服用して痒みに対しては奏功しました。
(効果は2〜3時間程しかありませんでしたが)

PUPPPなら、出産をきっかけに解放されると思う事で
まだ我慢出来るのですが、自家感作性皮膚炎であれば
産後も続く可能性がありますよね?

自家感作性皮膚炎とPUPPPの治療は同じでしょうか?
かかりつけ医師からはクラリチンを処方されました。

近所の皮膚科やかかりつけの産婦人科医で
PUPPPについて知っている医師がおらず
住吉先生しか頼れる医師がおりません。

遠方で診察を受けに行く事が出来ず申し訳ないのですが
よろしくお願いします。








| まる | 2014/01/28 5:05 PM |
「まる」さんの質問に回答いたします。

「妊娠性痒疹」や「PUPPP」と「自家感作性皮膚炎」は異なる疾患であり、一様な皮疹が出現するという点以外、あまり類似する部分がありません。

「妊娠性痒疹」や「PUPPP」は、妊娠中にみられる症状です。
特に「PUPPP」は、初回妊娠時の妊娠後期に多く、腹部を中心として「蕁麻疹」や「多形滲出性紅斑」のような浸潤性の紅斑が拡大します。
出産により改善が見込めるため、治療は対症療法になります。

「自家感作性皮膚炎」は「皮膚炎」の一種であり、自家感作されるきっかけとなる「接触皮膚炎」のような原因疾患が存在します。
「自家感作性皮膚炎」は「湿疹」のような症状が全身に拡がるため、内服薬や外用薬による皮膚炎の治療を行います。
そして、原因となっている疾患が見つかっていれば、その原疾患をしっかり治療する必要がある訳です。
| 院長 | 2014/01/29 12:36 PM |
今回も丁寧な返信ありがとうございます。

自家感作性皮膚炎では?と思ったのは
骨盤ベルトによる圧迫と摩擦によって出来た
みみず腫れ(接触性皮膚炎)が原発かと思ったのです。

蕁麻疹は数時間から1日で治まって
再発を繰り返す場合があるという印象なのですが
PUPPPの蕁麻疹は、同じ場所に1週間以上
ブツブツがあるというのも特徴でしょうか。

一週間以上、同じ場所にブツブツがあり
どんどん増えて行っている状況です。

・初産
・妊娠8ヶ月から発症
・腹部を中心に虫刺されのようなブツブツ
・アレロックが奏功
・骨盤ベルトの圧迫と摩擦によってみみず腫れが出来て
そこを掻き毟ったあとから全身にブツブツが拡大
・同じ場所のブツブツが1週間以上消えない


情報だけで判断するとしたら
PUPPPの可能性の方が高いでしょうか。






| まる | 2014/01/29 8:58 PM |
再び「まる」さんの質問に回答いたします。

「圧迫と摩擦によって・・・みみず腫れ」というのは「機械性蕁麻疹」であると思われます。

一般に「みみず腫れ」と表現される皮疹は「膨疹」と呼ばれ、「蕁麻疹」に特徴的な皮疹です。
通常の「蕁麻疹」であれば、痒みを伴い、1時間〜24時間以内に跡形なく消えてしまうものです。

「蕁麻疹」のような皮疹が出ているのであれば、いわゆる「皮膚炎」よりも「多形滲出性紅斑」「薬疹」「蕁麻疹様血管炎」「皮膚筋炎」などの可能性を考慮した方が良さそうに思われます。
もちろん、妊娠中であれば「妊娠性痒疹」あるいは「PUPPP」の可能性を考慮する必要があるでしょう。


以下のブログも参考にしてください。

「蕁麻疹って何?」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197385
「多形滲出性紅斑」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=402819
「蕁麻疹様血管炎」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197444
「妊娠性痒疹/PUPPP」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1197306
| 院長 | 2014/01/31 12:41 PM |
住吉先生ありがとうございました。

全て読ませて頂きました所
蕁麻疹のようなので
PUPPPの可能性が一番高そうです。

産後は速やかに軽快するというのを
励みに頑張ります。

ありがとうございました!






| まる | 2014/01/31 3:30 PM |
はじめまして
4歳の孫が、10日ほど前に自家感作性皮膚炎と、かかりつけの内科の先生に診断されました。

エビナスチンという粉薬と、塗り薬身体用にリンデロン軟膏
顔用にロコイド軟膏を処方してもらいました。
完治まで、2か月ほどかかると言われたそうです。

子どもが小さい頃からのかかりつけの先生で信頼もしていましたが、内科の先生だし、薬を飲んでも塗っても、なかなか良くならず、やはり内科の先生では?と不安になっていましたが、
自家感動作性皮膚炎と診断できない皮膚科の先生もいる中で、きちんと診断してもらえ、安心感は増しましたが、
毎日湿疹が増え痒がっている孫の様子をみるのが辛く、1日でも早く完治させてやりたいのです。
住吉先生に診断していただいた方は、1日で効果が表れているようで、できれば、先生の所で、診断してもらいたいのですが、あまりに遠すぎますし
この先、1日でめ早く完治させるためには、どうすればよいのでしょうか?

大阪にも、住吉先生のように、自家感作性皮膚炎ん1日でも、早く完治に向かわせてくれる病院はあるのでしょうか?

まとまりのない長文ですみません

すべすべだったお肌が変わっていく様子が本当にかわいそうで、耐えれません

どうぞ、よろしくお願い致します
| 心配性のばあば | 2014/04/13 2:12 AM |
「心配性のばあば」さんの質問に回答いたします。

「自家感作性皮膚炎」と診断したにも関わらず「完治まで、2か月ほどかかる」と予想するのは、かなり不思議な感じがします。
私には、まだ治まっていない皮膚炎が、2ヵ月後に完治するという想像をすることができません。

湿疹(皮膚炎)の治療を行う訳なので、症状が軽快していないのであれば、すぐに治療法の見直しを行うべきでしょう。

「自家感作性皮膚炎」というのは特に珍しい症状ではありませんので、一般的な皮膚科を受診すれば十分であると思われます。

残念ながら、大阪地区の医療機関に関しては知識がありません。
地域の医師会に問い合わせれば適切な医療機関を教えてもらえるかも知れませんし、日本皮膚科学会ホームページの皮膚科専門医マップで地域の皮膚科専門医を検索することもできます。

「日本皮膚科学会 皮膚科専門医マップ」
http://www.dermatol.or.jp/medical-specialist/map
| 院長 | 2014/04/14 11:39 AM |
5年ほど前から脛などに丘疹が繰り返し出てます。病院には行ってませんが、ネットなどの情報から判断して自家感作性皮膚炎だと思ってました。
ここ最近脛以外の広範囲に出るようになり痒みが酷いので、強力なステロイド外用薬を使用しましたが、むしろ痒みが増し悪化しました。これは別の皮膚病を考えたほうがいいのでしょうか?
お忙しいところすみませんが回答よろしくお願いします
| 12 | 2014/05/12 10:27 AM |
「12」さんの質問に回答いたします。

当然ながら、このブログ上で診察を行うことはできません。
もちろん、診察をしていない症状について診断をすることも治療をすることも不可能です。
ですから「別の皮膚病を考えたほうがいいのでしょうか?」という質問は、自家感作性皮膚炎と診断した担当医にすべきだと思います。
| 院長 | 2014/05/12 8:14 PM |
お返事ありがとうございます
自家感作性皮膚炎はステロイドで治療するそうですが、逆に悪化することはあるんですか?お忙しいところすみませんが回答よろしくお願いします
| 12 | 2014/05/12 9:33 PM |
再び「12」さんの質問に回答いたします。

ステロイド薬は、体内にある副腎皮質ホルモンとほぼ同等な成分であり、アレルギー反応などを抑制します。
余程の特異体質であれば、アレルギー反応を抑制するステロイド薬にアレルギーを生じるようなこともあるのかも知れませんが、そのような例を私は経験したことがありません。
| 院長 | 2014/05/13 10:44 AM |
はじめまして。
もうじき3歳になる息子のことでアドバイスをください。
アレルギーなのかは検査をしていないので定かではないのですが、元々蚊に刺されると赤く腫れることが多く去年もかきむしってしまうことが多くありました。
夏が終わってもかきむしる→ かさぶた→かきむしるの繰り返しで他にも小さく湿疹が出てきて自家感作性皮膚炎との診断でした。
それが11月下旬の話です。
そこからステロイドと亜鉛華軟膏を処方されたのですが悪くもならずあまり良くもならずという状態だったので、2月に皮膚科をかえ今はステロイドの塗り薬とアレロックを飲んでいます。
担当の医師から原因である箇所を治せば小さい湿疹は引いてきますとの説明を受けています。
ただ、劇的な改善というわけではなく徐々に治ってくるから時間はかかるとも言われていて、私も長期戦覚悟でいますが、せっかくかさぶたになったところをかきむしって出血させてしまいます。その繰り返しです。
しかしもうじき3歳の子に痒いからって掻いてはいけないという注意はききません。
今はステロイドを塗りガーゼで覆って貼る包帯をしていますが、知恵をつけたのか目を離すとそれもとって掻いてしまいます。
激しくかきむしらないよう爪をこまめに切ったり患部を冷やしたりと痒みが軽減することをしているのですが痒いみたいです。
痒みが軽減するためになにか私がしてあげられることがありましたらアドバイスをください。
長々と申し訳ありません。
よろしくお願い致します。


| あっくんママ | 2014/05/20 7:45 AM |
「あっくんママ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんので、現在の湿疹・皮膚炎の治療に関しては、私がコメントすべきでは無いと考えます。

「痒みが軽減するためになにか私がしてあげられること」というご質問ですが、すでに「患部を冷やしたり」という対応や、掻破による湿疹の悪化を防ぐための工夫もされているようです。

「痒い」から「掻く」のであって、注意したからといって掻くことを止めるというのは不可能でしょう。

湿疹・皮膚炎が治まらなければ痒みも治まらないと思われますので、担当医と治療の見直しについて相談されてみてはいかがでしょうか。
湿疹症状の改善が無いまま治療が長引けば、さらに治療が困難になる可能性があるからです。

以下のブログも参考にしてください。

「ウェットラップ手技(Wet Wraps)」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=378068
| 院長 | 2014/05/20 9:40 AM |
はじめまして。
貨幣状湿疹からの自家感作性皮膚炎と診断され、一生治らないといわれました。
アンテベートとゲンタシンの軟膏、フロモックスの内服、アレグラが処方されて2日たちましたが、
貨幣状湿疹の改善はありません。
貨幣状湿疹のかゆみは全くありません。
手と足に一気に広がった湿疹はとても痒く、精神的に病んでしまいそうです

一週間様子みて改善なければ、
ステロイドの内服を出すとのことです。
量は、1日5mgを4日間とのことですが、
この量は妥当な量でしょうか?体重52kg

ステロイドの内服では皆さん服用後症状は一旦落ち着くものの、またぶり返す方が多いと聞きますが、先生の患者さんでは、みなさんぶり返すことなく治癒されたのでしょうか?

自家感作性皮膚炎発症し一週間程ですが、
増え続ける湿疹は止まりそうになくこの先不安で仕方ありません。
この病気は治るのでしょうか?

長文失礼いたしました。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。
| まろん | 2014/08/23 11:49 PM |
「まろん」さんの質問に回答いたします。

湿疹・皮膚炎の治療は、その重症度によって治療方法や治療薬剤が変わってくると思います。
ですから、重症な自家感作性皮膚炎であれば、ステロイドの内服を行うこともあります。
もちろん、処方される量に関しては、実際の症状を診察している担当医の判断になりますので、このブログ上で他院の治療を評価するようなことはできません。

ステロイドの内服薬は、副腎皮質から分泌されているホルモンと同等の薬剤ですから、誰でも効果(作用)があると思いますが、期待していない作用(副作用)に注意し、必要かつ十分な量を使用するべきです。
少なくとも、リバウンドのような症状が起こらないように使用しなくてななりません。

このブログ上で診察を行うことはできませんので、現在の症状が自家感作性皮膚炎であるかどうかを診断することはできません。
ですから、「この病気は治るのでしょうか?」という質問は、実際の症状を診察している担当医にするべきでしょう。

当クリニックでは、光線治療や入院などが必要と思われる重症な患者さんの場合は、大学病院などを紹介するようにしています。
| 院長 | 2014/08/25 1:07 PM |
はじめまして 8歳の女児 自家感作性皮膚炎治癒中の子について教えてほしいくメールしました。8月中旬〜よく蚊に食われると訴えていましたが8/17水泡が頭と手足裏以外に出たため小児科受診し、水疱瘡と診断され内服とカチリ処方されました。水疱瘡は1歳の時に罹患し治療したのですが症状が軽かったのでそうだろうというみたてでした。顔は発疹がができすぎて腫れるし足や手からは透明な液体が吹き出していたのでおかしいと思いましたが、水疱瘡は病院に行くと嫌がらるので痂皮形成するまではと頑張っていました。5日後再診すると違う医師が見た途端これは水疱瘡じゃない皮膚科へとなりました。
皮膚科でリンデロンVG軟膏、ボチ、ホスミシン、プレドニン内服処方あり10日間でジュクジュクしたところは綺麗になりました。しかし14日目頃から四肢に赤みをもった丘疹がどわっと出て痒みも凄いのです。自家感作性皮膚炎は親玉?震源地?が良くなれば他も良くなると言われていますが、何が起こっていると考えられますか?
金曜日の夕方から悪化したのでかかりつけ病院は休みですし(市立病院)相談出来る場所が無くて辛いです。今はアレロックを飲んでウトウトしてます。
自家感作性皮膚炎は治癒過程でこんな風にぶり返したりしながらよくなって行くのが普通なのでしょうか?長文で申し訳ありませんがよろしくお願いします。
| 琴美ママ | 2014/09/06 9:17 AM |
「琴美ママ」さんの質問に回答いたします。

このブログ上で診察を行うことはできませんので、他院での治療中の症状について「何が起こっていると考えられますか?」という質問に回答するのは困難です。

自家感作性皮膚炎に限らず、湿疹・皮膚炎の治療というのは、重症度によって治療の強さなどが変わってきます。
例えば、重症な湿疹・皮膚炎に対して不十分な治療しか行われていなければ、症状の悪化や再燃を生じる結果になると思われます。
| 院長 | 2014/09/08 12:32 PM |
本日(2014年9月8日)にて、当ページ「自家感作性皮膚炎」のコメント受付を締め切らせていただきます。

5年余りにわたって多数のコメントをいただき、誠にありがとうございました。
| 院長 | 2014/09/08 12:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1067025
トラックバック