CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「My Way」Def Tech | main | 中華料理「谷記」 >>
ブユ刺症

ブユ刺症」とは、ブユによる虫刺症虫さされ)です。

ブユ)は、体長3〜5mmくらいの黒い小さなハエのような吸血性昆虫です。
地域によってはブヨあるいはブトとも呼ばれています。
カ(蚊)やアブ(虻)と同様にメスだけが吸血するようになります。

ブユは、春から秋にかけて渓流で発生します。
そのため、山間河原などで、露出している下肢(特に下腿)を刺されることが多いです。

ブユやアブの場合、皮膚に傷をつけて吸血するため、刺咬後に出血が見られるのが特徴です。
アブに刺されると激しい痛みを伴いますが、ブユの場合は刺されたことに気付かないこともあります。

ブユ刺症アレルギー反応であるため個人差がありますが、翌日以降になってから刺された部位が赤く腫れたり、数日経ってから強い痒みを生じるようになる場合もあります。

痒みのために掻き続けてしまうと、結節性痒疹を生じやすいですから、症状が悪化する前に皮膚科専門医を受診するようにしましょう。
| 肌のあれこれ | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1051781
トラックバック