CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「Fairytale」Secret Garden | main | ロシア風レストラン Beluga(ベルーガ) >>
皮膚科専門医


先日、日本皮膚科学会から「日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医」と印字された会員証が届きました。
昨年までは薄い紙の会員証でしたが、今年からは厚みのあるカードに変更されたようです。

皮膚科専門医の資格試験は、ここ数年で急激に難しくなったと言われています。
そういう意味では、若い皮膚科専門医は信頼できると言えるでしょう。

平成21年4月現在、全国5602人日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医がいます。
皮膚の症状について診察を受ける場合には、できる限り皮膚科専門医の資格を所有している皮膚科医を受診することをおすすめ致します。
| 院長ブログ | 01:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
住吉先生
こんにちは。

以前、治療した病院が不安だったため、このブログに載っている日本皮膚科学会に電話で問合せをした所、
皮膚科認定医の資格を持っていなないけれど、日本皮膚科学会には登録されているという回答を貰いました。

「大学病院で治療もしてきた」としきりに言っていたのですが、大学病院でも治療してきた先生が、皮膚科を開業する際に、皮膚科認定医の資格を取得しないような事は、通常ある事なのでしょうか?

皮膚科認定医の資格を持っているかどうか確認してから治療を受ければ良かったと悔やまれて仕方がありません・・・。
| ゆき。 | 2009/05/29 6:53 PM |
「ゆき。」さんの質問に回答いたします。

他の診療科でも同じだと思いますが、専門医(認定医)の資格が無いと開業できないという訳ではありません。
私の個人的な意見になりますが、皮膚科を標榜して開業するのであれば、皮膚科専門医の資格を持っているのが望ましいと考えます。

なお、医師になったばかりの研修医というのは、指導医が多数勤務している大学病院などで研修を行うのが一般的です。
| 副院長 | 2009/06/01 11:26 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/trackback/1020643
トラックバック