CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
アタマジラミ症

シラミ症」には、アタマジラミ(頭虱)の寄生による「アタマジラミ症」と、毛ジラミ(毛虱)の寄生による「ケジラミ症」があります。


<アタマジラミとは?>

アタマジラミは、成虫で体長約2〜3mmになる吸血生物で、頭髪に寄生して1日に5〜10個、一生で100〜200個の卵を産みつけます。

虫卵は、頭髪にしっかりと固着しているため、容易に除去することはできません

卵は1週間で孵化し、1〜2ヵ月後には成虫となって吸血を始めます。

吸血によってアレルギー反応が起こると、激しいかゆみを生じます。

寄生初期はかゆみを生じないことが多いため、かゆみが気になる頃には寄生から1ヶ月くらいは経っていると考えた方が良いでしょう。

アタマジラミ症は、頭同士の直接接触帽子の共用などで感染しますが、かゆみを生じていない時期にも感染が拡大するため、保育園幼稚園小学校などでの流行が問題になります。


<治療法は?>

1982年にシラミ駆除薬としてピレスロイド系駆虫剤(スミスリン)が発売され、これが国内で承認されている唯一の治療薬です。

卵には効果が無いため、2日おきに3〜4回使用する必要があります。

現在でも、スタンダードな治療薬(スミスリンシャンプー等)として効果を発揮しています。

ところが海外では、遺伝子変異によりピレスロイドが効かないアタマジラミの報告が年々増加傾向にあります。

国内でも、沖縄を中心にピレスロイド抵抗性のアタマジラミが確認されるようになってきました。

海外では、イベルメクチン(疥癬の内服治療薬として国内で使用中)含有ローションやジメチコン製剤が治療に用いられており、国内への導入や新規薬剤の開発が待たれる状況です。


JUGEMテーマ:育児




病気・症状ランキング
| 肌のあれこれ | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
らーめん曳舟


東武線・曳舟駅の近く(墨田区東向島2丁目)に、2年前にオープンした「らーめん曳舟」(ひきふね)を紹介いたします。

駅前にあるのですが細い路地裏であるため、改札を出てからも曳舟川通りからも見えません。


化学調味料を使わず、鶏と野菜を長時間煮込んだスープが自慢のラーメン店です。

店内はとても綺麗に保たれ、いつも水垢一つ無いコップが並んでいるあたり、店主の心配りが感じられます。



(濃厚鶏塩らーめん)


ラーメンのメニューには「濃厚鶏しょうゆ」「濃厚鶏塩」「濃厚鶏みそ」「しょうゆ」「」「あっさりみそ」の6種類があり、同様につけ麺もあります。

「濃厚鶏らーめん」3種と「あっさりみそらーめん」は中太麺であり、「しょうゆらーめん」と「塩らーめん」は細麺になります。



(塩らーめん)

チャーシューは豚肉鶏肉の2種類が添えてあり、筍の柔らかい部分を用いた穂先メンマはとても食感が良いです。


個人的には、「濃厚鶏塩らーめん」にニンニクを少し入れて食べるのをオススメします。


つまみメニューにある「せせりポン酢」も絶品であり、どのメニューも丁寧に作られていることに感心させられます。


らーめん曳舟」は、東武線・曳舟駅の駅前、曳舟川通りから細い路地を入った所、当クリニックからは約2.2kmの距離にあります。

クルマや自転車であれば、イトーヨーカドー曳舟店を目標に向かうと便利です。


JUGEMテーマ:ラーメン




病院・診療所ランキング
| クリニック近くの情報 | 10:03 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
高級食パン専門店「白か黒か」


先月(2019年9月)に蔵前橋通り沿い(墨田区太平1丁目)にオープンした、高級食パン専門店「白か黒か」を紹介いたします。


各地で高級食パン専門店をオープンさせている、岸本拓也さんがプロデュースするお店です。

他の店舗と同様に2種類食パン(2斤)のみ販売しており、シンプルな食パンは「あなたしだい」、マスカットレーズンが散りばめられた食パンは「果樹のトリコ」という名称です。



(あなたしだい 800円)


こだわりの小麦粉国産バター生クリームを用いたふわふわ食パンなので、翌日くらいまではトーストせずに、そのまま食べるのがオススメです。


高級食パン専門店「白か黒か」は蔵前橋通り沿いにあり、当クリニックから徒歩5分(約300m)くらいの距離にあります。

購入するには、朝9時半から配布される整理券が必要ですが、キャンセルが出ると夕方でも購入できる場合があります。


JUGEMテーマ:グルメ




病院・診療所ランキング
| クリニック近くの情報 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トコジラミ刺症

トコジラミ刺症」とは、トコジラミによる虫刺症(虫さされ)のことです。


トコジラミとは、家の中に生息する体長5mmくらいの昆虫(カメムシの仲間)で、以前はナンキンムシと呼ばれることもありました。

日中は、布団や畳、ダンボール、壁の隙間などに潜んでいますが、夜暗くなると出てきて、寝ている人の皮膚から吸血します。

蚊刺症(蚊による虫さされ)のように、刺された直後に赤く腫れることは無いため、寝ている間にトコジラミに刺されていても気付きません。

トコジラミは、口器を刺し変えながら人の血液を吸うため、狭い範囲に数ヶ所まとまって赤い虫さされ痕を生じるのも特徴です。


ここ最近、海外だけでなく日本国内でもトコジラミ増加しており、旅行先の宿泊施設での拡大が問題になってきています。

旅行の荷物の隙間などに潜んだトコジラミが、また別の旅行先に運ばれるため、衛生状態の良い宿泊施設でも繁殖している可能性があると言われています。

旅行先から帰ってきたら、数ヶ所に連なるような虫さされを生じていたという場合には、自宅でもトコジラミを繁殖させてしまう恐れがあるかも知れません。


JUGEMテーマ:健康




病気・症状ランキング
| 肌のあれこれ | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「いぼ」って何?



いぼ」と言えば、皮膚の表面に生じた突起物をイメージすると思います。

皮膚科的には、これらの「いぼ」のことを「疣贅(ゆうぜい)」と呼んでいます。

実際には具体的な病名がたくさんありますが、大きく分けると「ウイルス性の疣贅」と「加齢に伴う疣贅」に分類されます。


<ウイルス性疣贅>

ウイルス性疣贅」の大部分は、パピローマウイルス(HPV)の感染によって生じます。
その中で、最も一般的な疣贅は「尋常性疣贅(じんじょうせい ゆうぜい)」です。
典型的な尋常性疣贅は、表面がザラザラとした小結節で、疣贅の表面近くまで入り込んだ血管が黒い点々として見える場合があります。
足の裏手の指先などに生じることが多く、小児ではウオノメができたと勘違いするケースが非常に多く見受けられます。


扁平疣贅(へんぺい ゆうぜい)」あるいは「青年性疣贅(せいねんせい ゆうぜい)」も、パピローマウイルスの感染によって生じます。
成人から手の甲にかけて、隆起の少ない小さな疣贅が多発します。


尖圭コンジローマ(せんけい こんじろーま)」もパピローマウイルスの感染ですが、通常は性感染症の一種として生じます。
外陰部肛門周囲に、丘疹状の疣贅が多発し、徐々にカリフラワー状に拡大する場合もあります。


パピローマウイルス以外のウイルス性疣贅には、「伝染性軟属腫(でんせんせい なんぞくしゅ)」があります。
いわゆる「みずいぼ」のことです。
ほとんどが小児に生じますが、アトピー性皮膚炎などで乾燥肌があると、肘の内側膝の裏にも生じやすくなります。
プールの水で感染することはありませんが、肌が接触することによって感染する可能性があるため、プール管理者の指示によって治療をすすめられる場合があります。
特に指示が無ければ放置しても構いませんが、治るまでに半年から数年かかります。
典型的な新しい伝染性軟属腫は、1〜3mm程度で表面に光沢があり、半球状の白い疣贅の中央に凹みがあります。
このような新しい疣贅が増えている場合には、早めに治療を受ける方が良いでしょう。


<加齢に伴う疣贅>

一方、ウイルス感染と関係のない疣贅には「軟性線維腫(なんせい せんいしゅ)」があります。
正常な皮膚と同じ色の、有茎性でとても柔らかい疣贅です。
小さなものは、首周り腋の下に増えてきて気付くことが多いようです。


同じく、加齢とともに増えてくる「老人性疣贅(ろうじんせい ゆうぜい)」もウイルス感染とは関係がありません。
20歳くらいから生じる場合もあるため、老人性疣贅という病名は必ずしも適切ではなく、皮膚科的には「脂漏性角化症(しろうせい かくかしょう)」という病名を用いています。
褐色調の結節として生じていることが多く、痒みを自覚する場合もあります。


<治療>

以上のように様々な種類の疣贅がありますが、どれも保険診療で治療を行うことが可能です。

しかし、ウイルス性疣贅に対しては特効薬というものが存在しないため、様々な治療が行われています。

多くの疣贅では、液体窒素(−196℃)を用いた冷凍凝固法が行われていますが、外科的な切除摘除塗り薬での治療、ヨクイニン内服など、疣贅の種類や症状に応じて治療法が選択されます。


上の写真は、徳島県・鳴門海峡で撮影した渦潮の様子です。
(撮影:住吉孝二)


JUGEMテーマ:健康




病気・症状ランキング
| 院長ブログ | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/188PAGES | >>